当サイトについて

ノウキナビ

その農機、
誰かにとって"お宝"かも。

市場に眠ったままの農機が多くあると言います。
いつ来るかわからないその時を、使えるはずの農機たちが待ち続ける…
それは良い事なのでしょうか。

ノウキナビ® はそんな農機を市場へ開放させ、
農機の新たな活躍の場とそれによる農業の活性化を、全面的に支援します。
あなたが農機を売りたい気持ちと、あのひとが農機を買いたい気持ちをつなげ、
次なる農業の資源となる、そんな未来を目指しています。

ABOUTノウキナビとは

インターネットで
安心・納得して
中古農機の購入ができる
ウェブサイトです。

RELIABILITY and CONVINCING安心・納得の理由

POINT 01出品者の多くは「認定農機具販売店」

ノウキナビは、リリース後5年間にわたり一貫して「農機具正規販売代理店しか入会させない」というポリシーを持ってサービスを運営してきました。それは、ひとえに「インターネットで農機を購入して失敗する人を無くしたい」という思いがあったからです。現在(2019年10月時点)、245社もの認定農機具販売店が加盟し、品質に間違いのない農機具を集めることができています。

しかし、「より多くの中古農機の選択肢が欲しい」という農家様のニーズに応えるため、2019年11月より農機具正規販売代理店以外の農機具販売事業者様へ、間口を広げることにいたしました。後述の「ノウキナビコールセンター」を設けることにより、今まで同様に「安心」を担保しつつ、今まで以上に「納得」したお取引をサポートいたします。

POINT 02農機に詳しいノウキナビコールセンターが取引を仲介

中古農機のマッチングサイトはいくつかありますが、「農機に詳しいスタッフが在中するコールセンター」があるのはノウキナビだけ。農機購入に関する疑問点や不安点を、農家さんに代わってプロの目線で出品業者様にヒアリングし、安心・納得して購入できるように支援いたします。

農機具正規販売代理店以外の農機具販売事業者様の出品する商品に関しては、ノウキナビコールセンターの利用を必須とさせていただくことで、安心・納得して農機の購入ができる環境を提供いたします。

FLOW農機購入の流れ

認定農機具販売店に
問い合わせる場合

  1. STEP 01欲しい農機具を探す

    農機具の機種や型式、スペックから、ご希望の農機具を見つけてください。

  2. STEP 02問い合わせる

    お電話・メール等で販売店に直接お問い合わせが可能です。農機の状態等、気になることをお問い合わせください。

  3. STEP 03商談 → 成立

    農機具の状態や金額等にご納得いただけましたら商談成立となります。

  4. STEP 04入金・配送

    取引を行う販売店へ直接お支払いただきます。配送やお支払方法については、各販売店へご確認ください。

ノウキナビコールセンターに
問い合わせる場合

  1. STEP 01欲しい農機具を探す

    農機具の機種や型式、スペックから、ご希望の農機具を見つけてください。

  2. STEP 02問い合わせる

    お電話・メール等でコールセンターにお問い合わせいただきます。農機の状態等、気になることをお問い合わせください。

  3. STEP 03ノウキナビコールセンターを通して商談 → 成立

    農機具の状態確認・値切り交渉・配送手配等をコールセンターで行います。合計金額にご納得いただけましたら、商談成立です。

  4. STEP 04入金・配送

    商品代金+手数料(商品金額の3%)をコールセンターへお支払いただきます。お客様の元に届いた商品をご確認いただき、問題がなければ取引完了となります。

USERご利用いただける方

農機具を購入したい農家の方

会員登録は不要です。欲しい農機具を見つけて、お問い合わせください。

会員登録をすると、以下の便利な機能もご利用いただけます。

お気に入り機能
お得な情報メールマガジン
週に1度、ご登録いただいたメールアドレス宛に、新着の農機具やノウキナビからのお知らせをお届けします!※購読解除可能

日本全国の農機メーカー
正規販売代理店の方

農機具の販売を行うには、会員登録が必要です。登録方法については、下記をご覧ください。

農機販売事業者様、
農機を売りたい農業生産法人等の事業者の方

農機具の販売を行うには、会員登録が必要です。登録方法については、下記をご覧ください。

COMPANY運営会社

デジタル化の時代だからこそアナログの精神を大切に…

皆さまもご存知の通り、現代の日本の農業を取り巻く環境はきわめて厳しいと言わざるを得ません。
外資系ベンチャー企業から家業を継ぐべく帰郷し農業と向き合った私は、想像をはるかに上回る農業界の現状と閉鎖性、そのなかで農業経営に意欲を持つ若手や後継者、新規就農者たちと苦しみながらも新しい農業の形を模索している姿に直面しました。

そのような農家様と交流をさせていただいた私は、それら若手農家や新規就農者の一番の悩みが、設備投資に対する課題であることを感じ取りました。
現状は中古農機を買いたいが閉鎖的なシステムであるがゆえに、流通量も限定的で価格が高騰しているのが原因でした。

そして、その実現のために早急にすべきことは「適正な価格で農機の流通を行う」ITインフラの構築であると判断しました。
また、ITこそが農家の皆さまの発展を助けるものであること、そして農業が日本の基幹産業の一つとなるにはITが必要不可欠であることを確信するに至りました。
しかもそれは既存のシステムの焼き直しではなく、「農家様に繁栄をもたらす新しいビジネスの仕組み」を持つサービスでなくてはなりません。
2011年に独自のシステムの企画/開発に着手、様々な機能を模索し試行錯誤を重ねてつくり上げたのがこの「ノウキナビ」です。

「ノウキナビ」は、単なる商業取引のサービスではありません。
「農機販売店様」「農機ユーザー様」「農機保有者様」の3ユーザー様の「売りたい」「買いたい」思いをマッチングさせ、情報をつなぎ、人をつなぎ、技術をつなぎ、そして農業を未来へつないでいく、機動的なサービスです。

私たちの到達点は「中古農機の売買によって利益を上げること」ではありません。
農業とITを融合させ、農業が日本の未来を担う魅力的な産業とすることを目指し、「ノウキナビ」を中核に時代のニーズに応じたサービスや機能、電子商取引システムを自社開発というメリットを最大限に活かしたスピード感で次々に構築していきたいと思っています。

サイト運営者プロフィール

唐澤健之(からさわ たけゆき)

高校卒業後、東京で創生期の携帯電話開発に携わり、外資系ベンチャーの立ち上げに参画。起業・経営ノウハウをたたき込まれて帰省。

1992年

個人事業主として「唐沢SSサービス」を設立、大手防除機メーカーの再生整備を専門として下請け事業を開始。

2007年

「株式会社唐沢農機サービス」を設立。年2回の展示会を開始。

父が営んできた農機具修理業を事業化し、農家の所有農機具の修理及び新品機械の販売を開始。

2009年

「農家直売どっとこむ」を運営開始

2011年

株式会社唐沢農機サービス代表取締役専務に唐澤健之就任

取締役営業本部長兼工場長に唐澤重徳就任

コイン精米機事業スタート(ドラックストアー滋野店に2基設置運営スタート)

インターネット事業(ビーズクリエイト)設立

ビーズクリエイトホームページ開設

資本金600万円から1000万円に増資

2012年

「唐沢農機サービス」ホームページ開設

「農家直売どっとこむ」サイトリニューアル

2013年

「東信州農の匠の玉手箱」ホームページ開設

新社屋設立

2014年

中古農機情報サイト「ノウキナビ」サービス提供開始

2015年

中古農機情報サイト「ノウキナビ」東京営業所開設

「ノウキナビ」登録販売店件数が100件突破

2016年

代表がアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー甲信越ファイナリストに選出

「ノウキナビ」登録販売店件数が200件突破

2017年

中古農機情報サイト「ノウキナビ」大阪営業所開設

農業事業部(カラサワファーム) 設立

新しい理念・ビジョンを策定

株式会社ミマキエンジニアリングと業務提携締結

2018年

「ノウキナビ」取引累計金額3億円突破

純正パーツの取り寄せサービス を開始(三菱マヒンドラ農機、丸山製作所、オーレック、筑水キャ二コム、共立)

LINEを活用した部品取り寄せサービスを展開開始

全国農業機械商業協同組合連合会の研修会にて講話

2019年

「ノウキナビ」取引累計金額4億円突破

部品取り寄せサービスをノウキナビのオフィシャルサービス化

本社を長野県東御市鞍掛に移転

ノウキナビコールセンターを開設

「ノウキナビ」取引累計金額5億円突破

販売店登録対象事業者枠を拡大

部品取り寄せサービスが主要全メーカーに対応

農機具買取査定サービス開始

農機修理店ご紹介サービス開始

「ノウキナビ」取引累計金額6億円突破

OFFICE営業拠点

〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1  0120-555-071   FAX 0268-63-7085

本社

〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1 0120-555-071 FAX:0268-63-7085