お知らせ

「ノウキナビ」電話対応窓口を“コミュニケーションセンター”として再始動、顧客との対話を重視したサービス提供の実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
240_F_332813644_YmHTeoIUlbR5sRglL0e1Yl17JThTbou0

 株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農機具流通支援サイト「ノウキナビ」は8月1日より、主に電話でユーザーからの問合せを受け付けるノウキナビコールセンターを「ノウキナビコミュニケーションセンター」に改称、再始動します。
 顧客の声を反映したサービス改善を速やかに行える体制を整えることで、“日本全国対応の農機具屋”「ノウキナビ」を支える中枢機能としてユーザーの利便性を一層向上させてまいります。

【お客様との対話を重視すべく電話対応を更に強化】

 農機具流通プラットフォームであるノウキナビは、昨年7月、農機具ユーザー支援のために敢えて人的資源を投入したコールセンターを設立。インターネットの利便性に加え、人手を介するお客様窓口による対応でユーザビリティ向上を図りました。
 今回のコミュニケーションセンターへの改組により、農機具のインターネット流通業界に例のない専用電話窓口を一層強化。顧客の声を反映し、サービス改善を速やかに行える体制を整えて、ユーザーの利便性を更に向上させてまいります。
 お客様との対話を通じ、徹底した顧客目線のサービスを提供するべく、コミュニケーションスタッフの増員を実施するほか、日々の研修を通じた知識向上と、これまで以上に手厚い対応フローを整備することで、電話対応の品質改善を図ります。

【義理人情を大切にする農機具販売店の実情】

 現在、国内には約2000店舗の農機具販売店があると言われており、それぞれ地域の農家に手厚いサポートをしています。そこには、農機具をただ販売・修理するだけではなく、人と人とのお付き合い、義理人情のお付き合いがあります。農家さんが販売店を訪れ、お茶を飲みながら語らう光景も、よくある農機具販売店の一コマです。

【ノウキナビのビジョン達成のための中枢機関として】

 ノウキナビは、単なる農機具売買のマッチングサイトではなく、インターネットを活用した「日本全国対応の農機具屋」として、農業界の発展に寄与することを目指しています。
 そのためにはインターネットサービスであろうと「人」の力が必要と考え、電話対応を行うコールセンターを立ち上げました。しかし実際のコールセンター業務を通じ、それまで考えていた以上にお客様との対話を大切にし、お客様の課題に寄り添ったサービスを提供する必要があることを実感しました。
 「コミュニケーションセンター」への改称は、“日本全国対応の農機具屋”「ノウキナビ」としてのビジョン達成の糸口です。お客様の目線に立ったコミュニケーションからユーザーニーズを汲み取り、サービスの改善へと速やかに移行する体制を整備することで、ノウキナビは今後もお客様と共に成長するプラットフォームとして業界を牽引していきます。

【ノウキナビについて】

 ノウキナビ( https://www.noukinavi.com/ )は、全国の農機流通を支援するプラットフォームであり、全国の農機販売業者の取引支援、高品質な農機具を探す農機ユーザーとのマッチング、修理・買取・部品調達等を行っている。
 2014年9月運用を開始。2020年7月27日現在、年間のアクセス数は250万PV超、参画している農機販売店は293件、農家や農機ユーザーは2000件以上の登録がある。累計販売実績額は9億円弱に上り、農機具流通支援サイトとしての成長期を迎えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加