お知らせ

農機具流通支援サイト「ノウキナビ」の独自サービス メーカー純正部品取り寄せサービスが昨対比670%と好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約40メーカーの純正部品-ノウキナビ

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農機具流通支援サイト「ノウキナビ」は、サイト上で展開する「メーカー純正部品取り寄せサービス」の年間売上が8月10日時点で400万円を突破し、昨対比670%と好調に推移しています。
農家に農機具の自由な選択肢を提供することをモットーとする「ノウキナビ」は、インターネットを通じた修理ニーズに対する新しい選択肢を一層強化していきます。

 

【農機具屋の目線から農家の課題を解決するサービスを提供】

農機具のエンジン部品やコンバインのクローラー(キャタピラ)部分のパーツなどは消耗品であり、使用と共に劣化してしまいます。消耗品の取替えの際、農機保有者は農機具屋に相談に出向く、もしくは整備士の出張依頼を行ないますが、農機具の純正パーツは農機具メーカーの正規販売代理店のみしか販売ができなく、AmazonやYahoo!などの大手ECサイトでの購入はできません。
農機具流通プラットフォームであるノウキナビは、“インターネット上の農機具屋”の目線から、部品さえあれば自分で修理できるのに…という農家の声に応えるべく、2019年4月より「パーツ取り寄せサービス」のオフィシャルサービス化を実施。メーカー純正の農機具パーツの取り寄せにより、農機具保有者が自ら修理作業が可能となるよう、サービス提供を開始しました。

 

【広告なしでもサービスが浸透、修理にも新たな選択肢】

ノウキナビの「純正部品取り寄せサービス」は、特別な広告やプロモーションをしていませんが、ノウキナビユーザーやインターネット検索ユーザーを中心にサービスの認知が浸透。同サービスの案内ページへのアクセス数は3万ユーザーを突破し、利用者数も500名を突破。昨年9月以降の売上は400万円を突破し、対前年比で670%と爆発的な成長を遂げています。
インターネット検索からの流入のみでこれだけのユーザー数、売上を達成するサービスは、様々なITソリューションを提供してきた同社でも他に例がない成長ぶり。一般農機ユーザーにとって“痒い所に手が届く”サービスとして確実なニーズを捉えたものと考えられます。
農機具の修理という側面に新たな選択肢を与えるノウキナビは、農家に農機具の自由な選択肢を提供することをビジョンとして、今後も画期的なサービス展開を進めてまいります。

 

【ノウキナビについて】

ノウキナビ( https://www.noukinavi.com/ )は、全国の農機流通を支援するプラットフォームであり、全国の農機販売業者の取引支援、高品質な農機具を探す農機ユーザーとのマッチング、修理・買取・部品調達等を行っている。
2014年9月運用を開始。2020年8月現在、年間のアクセス数は250万PV超、参画している農機販売店は293件、農家や農機ユーザーは2000件以上の登録がある。累計販売実績額は9億2千万円を突破し、農機具流通支援サイトとして成長期を迎えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加