トラクターの寿命が近づいている方へ|その対処方法を農機具屋が解説します!

トラクターの寿命が近づいている方へ|その対処方法を農機具屋が解説します!

トラクターは、農業従事者にとって欠かせない農機具です。

トラクターがあるかないかで、農業の作業効率は各段に違います。

そのトラクターの寿命が近づいてきたら、どのように対処すればいいのでしょうか。

トラクターにどんな症状が見られたら寿命が近いのか、トラクターの寿命を延ばす方法などについて解説します。

トラクターの平均寿命はどのくらい?

農機具の中でも、特に過酷な状況で使われるトラクターの平均寿命は、10年〜20年くらいと言われています。また、稼働時間にすると1000時間〜2000時間ほどで寿命となる計算です。トラクターを長く使い続けるためにも、どれくらいで寿命となるのか知っておくことは大切です。

使える年数や稼働時間には幅がありますが、どのように使うか、どのようにメンテナンスを行うかによって、トラクターの寿命は短くもなり長くもなります。トラクターを使用する前に点検することが大切なのはもちろん、使用後に泥を落として清掃し、油をさすなどしてメンテナンスすることによって、長持ちさせることができます。

具体的なメンテナンス内容

トラクターのメンテナンスは、それほど難しくありません。まず、必ず行う必要があるのは、オイルの交換です。トラクターはエンジンが動くうちは使えことができます。

他の部品が壊れたら交換しながら使うことができますが、エンジンが壊れると寿命ということになります。そのため、トラクターを長く使うにはエンジンの寿命を延ばす必要がありますが、そのために欠かせないのがオイル交換なのです。オイルはピストン回りなど、エンジンの主要部分の潤滑油として重要な働きをします。

オイル交換は、50時間に1回、もしくは年に1回くらいの目安で行うことになっていますが、もし交換を怠ると、汚れたり劣化したオイルがエンジン内を回ることになるため、エンジンそのものの劣化を早めてしまいます。その結果、最悪の場合はエンジンが焼き付いてしまうこともあるので、十分注意しなければなりません。このような事態にならないためにも、オイル交換は必ず行うようにしましょう。

また、上記でも触れましたが、トラクターを長く使うためには、使用後にこまめに清掃することが大切です。トラクターに泥がついたままでは錆の原因になりますし、可動部分に泥が詰まって、正常に動作しなくなるなどのトラブルを引き起こします。トラクターの清掃をしながら細部を点検することで、異常をいち早く発見して、大きな故障を未然に食い止めることができます。

このように、トラクターの耐用年数や稼働時間は、使い方しだいで伸ばすことが可能なのです。実際に、中古市場では10年以上前の機種が売られていたりしますから、メンテナンスを怠らず丁寧に使えば、かなり長持ちさせることができます。

トラクターにどんな症状が出たら要注意?

トラクターを使っていて異臭がしたり、液漏れや煙が出るなどの症状が見られたら要注意です。また、異常な音も大きな故障の前触れの可能性があるので、これらのうちどれかの症状が出たら、すぐエンジンを切って点検しましょう。特にエンジンからの異常音は、致命的な故障につながる可能性があります。

もしエンジンがキンキン音を立てて、いつもと違う色の煙が出たり止まってしまうようなら、エンジンが焼き付いた可能性があります。前述しましたように、オイル交換を怠るとエンジンの焼き付きにつながるため、十分注意が必要です。焼き付いた可能性があれば、冷却水やエンジンオイルを点検して、異常がないか確認してください。エンジンに異常がある場合は、素人が直せるレベルではないので、修理業者を呼ぶしかありません。

液体漏れ

液体漏れはトラクターを稼働中に起こることもありますが、トラクターを動かそうとして、床にこぼれた液体に気づくこともあります。何の液体かわからないと不安になりますが、水かオイルのどちらかですから、まず触ってみましょう。水であれば、一番考えられるのはラジエーターの冷却水漏れです。

冷却水が漏れたままトラクターを使うと、エンジンが焼き付いてしまうので直ちに修理が必要です。漏れた液体がオイルなら、エンジン部分から漏れたり、ロータリーのギアボックスから漏れることもあります。漏れた場所でどこの異常か見当がつくので、もしエンジン部分からのオイル漏れなら、トラクターを動かさず業者を呼びましょう。

業者を呼ぶとお金がかかりますが、早めに処置することが、結果的に修理費を抑えることになります。トラクターは頑丈に作られているので、少々のトラブルがあっても何とか動かせるものです。ただし、エンジン部分のトラブルは、致命傷につながるのですぐ修理すべきですが、その他のトラブルなら簡単な修理で済むこともあります。

また、トラクターを使っている人も、トラクターが頑丈にできていることを知っているので、「これくらいの異常は問題ない」と思って放置してしまいがちです。しかし、いくら頑丈にできていても、壊れるときは壊れるので、その場はとりあえず使い続けたとしても、翌日には必ず点検に出すようにしたいものです。忙しい農作業中にトラクターを点検に出すと、その分作業が遅れるのでつい後回しにしがちですが、小さな異常を大きくしないためにも、専門業者による早めの点検が必要です。

トラクタをセルフメンテナンスして寿命を延ばそう

トラクターは、自分でメンテナンスすることが可能です。エンジン部分のメンテナンスは業者にまかせるしかありませんが、それ以外はかなりの部分がセルフメンテナンスできます。トラクターは砂煙を巻き上げて動かすことが多いので、オイル交換やフィルター交換をこまめに行う必要があります。

どちらも自分で行うことができるので、定期的に交換しましょう。また、ロータリーなどの可動部に泥がついたら、こまめに洗い流すことも大切で、グリスを塗って円滑な動作を確保しつつ、腐食しないように備えましょう。では次に、具体的なメンテナンス方法について見ていきます。

オイルの交換

エンジンオイルの状態を見るには、オイルの中に金属の棒を入れて引き上げ、棒についたオイルを見ます。オイルが異常に黒くなっていれば、すぐに交換したほうがいいでしょう。エンジンオイルを交換するには、まずエンジンをかけてしばらく暖機運転してください。

エンジンが温まったら、ドレインプラグを外してオイルを抜きます。オイルは廃油ができるパックか、なければバケツなどで受けてすべて出し切ります。次に、ドレインプラグをつけて注入口から新しいオイルを注入します。

オイルは汎用オイルではなく、なるべく純正品を使いましょう。もしトラブルが起きたときに、純正オイルを使っていないと、メーカーの保証対象外となるおそれがあります。エンジンオイルは満タンになるまで入れましょう。

フィルターの清掃

フィルターの清掃は、まずフィルターを分解して部品を取り外します。フィルターに詰まったゴミは、エアクリーナーで吹き飛ばすか、エアクリーナーで対応できないほど詰まっていれば、水洗いして乾かしてから元に戻しましょう。

冷却水の補充

トラクターの冷却水を補充するには、通常の場合は単に冷却水を追加で補充すればいいのですが、定期的に全部の冷却水を交換することも必要です。全部交換するには、まずラジエーターの下の排水バルブを開いて冷却水を捨てます。冷却水に混じって錆が出てくるようなら、すべて出し切ったあとで、新しい冷却水を入れて錆を出してしまいましょう。

トラクターを使ったあとで冷却水を抜く場合は、熱いので気をつけてください。冷却水と錆を取り除いたら、排水バルブを閉めて新しい冷却水を入れます。冷却水がなくなると、エンジンがオーバーヒートして焼き付いてしまうので、こまめにチェックする必要があります。

特に農繁期など、トラクターをフル回転させる時期には必ず点検してください。また、ラジエーターの冷却水を抜いたあと、排水バルブをしっかり閉めていないために、徐々に水漏れするような、初歩的なミスも起こしがちなので注意しましょう。

修理が不可能なトラクターは売却しよう

いくら丁寧に使っていても、やがてトラクターも寿命を迎えます。直しようがないほど壊れてしまったら、売却することを考えましょう。壊れたトラクターは廃棄してもいいのですが、廃棄すると費用がかかるので、売却していくらかでもお金に換えたほうが得策です。

トラクターの廃棄処分を依頼すると、自宅までトラクターを引き取りに来て処分してくれます。手間いらずで処分できるので非常に便利ですが、廃棄を依頼すると費用がかかります。トラクターを廃棄すると、数万円程度の費用が掛かるので決して安くはありません。

これに対して、使わなくなったトラクターを、買取業者に買い取ってもらう方法があります。買取にはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

トラクターを買取に出すメリット

トラクターを廃棄すれば費用がかかるのに比べて、買取に出すといくらかのお金になるのが一番のメリットです。トラクターは新しいほど高値で買い取ってもらえますが、古くてもある程度の値段がつきます。また、多くの場合、壊れたトラクターでも買取してもらえます。

壊れてしまってトラクターとしては使えないものでも、分解して壊れていない部品を取り出して、中古市場で売ることもできます。このため、よほどの場合でない限り買取してもらえるので、不要になったトラクターを処分するには、専門の買取業者に出すことをおすすめします。

買取に必要な手続きもすべて代行してもらえる上に、トラクターも引き取りに来てくれるので、手間いらずで処分できるのは廃棄処分と同じです。それでいて、買取の場合はお金が入るのですから言うことなしです。

まとめ

トラクターは、メンテナンスすることで寿命を延ばせます。

自分でもある程度メンテナンスできるので、なるべく寿命を延ばして使うようにしましょう。寿命がきたトラクターを処分するには、廃棄と買取があります。廃棄するには費用がかかりますが、買取は逆にお金がもらえるので、処分するなら買取のほうが断然お得です。

トラクターの買取査定なら、日本全国260の農機具販売店が買取を行うノウキナビ農機具買取査定サービス(無料)で

農機売却についてのよくあるご質問カテゴリの最新記事