コンバインの刈り取り部が壊れた!修理について農機具屋が解説します!

コンバインの刈り取り部が壊れた!修理について農機具屋が解説します!

コンバインは稲作農家にとって、なくてはならない農機具です。

コンバインがなければ、人手を使って、鎌かバインダーで稲刈りして天日干し(はさがけ)した後にハーベスターで脱穀しなければなりません。

これは想像以上に大変な作業です。

コンバインがあるだけで、実に10人力以上の仕事をこなしてくれるので、あるとないのとでは大違いです。

コンバインは、数ある農機具の中でも、刈り取り部という複雑な機構を備えています。そのため、刈り取り部が壊れることがあるのですが、壊れたらどう修理すればいいのでしょうか。また、刈り取り部でよくあるトラブルについても、知っておきたいものです。ここではコンバインの点検方法や、刈り取り部の修理方法について解説しましょう。

コンバイン 刈取部

コンバインの刈り取り部分でよくあるトラブル

刈り取り部はコンバインの中でも可動部分が多いため、点検を怠ると故障しやすい部分でもあります。そのため、コンバインが必要になる稲刈り時期の前に、必ず点検しておく必要があります。刈り取り部の動きが悪くなると、稲の刈り残しが増えるといった、トラブルが起きるので注意しましょう。

シーズン終了後の点検も重要

コンバインの点検は、稲刈り前だけでなく、稲刈りシーズンが終わったあとも必要です。稲刈りが終わったら、コンバインを水洗いし、輪転部分にグリースを塗り、刈刃にオイルを塗るようにしましょう。刈刃にオイルを塗らないと錆びてしまうので、翌年稲刈りをする際に切れ味が悪くなります。

また、コンバイン内部に籾が残らないようにすることも大切です。籾が残っていると、それを食べようとネズミが侵入するので、配線をかじられて思わぬ故障の原因になることがあります。コンバイン内部に籾が残っていたら、エアコンプレッサーや掃除機で吸い取っておきましょう。

コンバインの点検で事故防止

最近の農家は後継者不足のため、高齢者が農業を行うケースが増えています。高齢者が農機具を使うと、細かい部分に目が行き届かないため、どうしても整備不良のまま使ってしまうことになりがちです。コンバインのように、可動部の多い農機具を整備しないで使うと、いろんなトラブルが発生しやすくなります。コンバインのトラブルは、大きな事故につながる可能性は少ないのですが、できるだけトラブルを防ぐためにも、定期的なメンテナンスを怠らないようにしたいものです。

コンバインの刈り取り部の点検方法

コンバインの刈り取り部で、一番重要なのは刈刃です。刈刃が研いでなかったり、刃が欠けていたりするとうまく稲が刈れなくなります。また、刈刃の隙間が大きかったり、摩耗していると切れ味が悪くなるので、しっかり点検しましょう。

できれば稲刈り前と稲刈り後に、刃の状態を見て異常がないか確かめることが重要です。刈刃の点検をする際は、エンジンを切って厚手の手袋をはめて行いましょう。素手で刃先に触れると、怪我をするおそれがあります。怪我をすると農作業が中断するだけでなく、傷口に泥が入ると破傷風になる危険もあるので注意が必要です。

刈り取り部の修理方法

刈り取り部を修理するには、刈り取り部を脱着しなければなりません。まず、エンジンをかけて、機体を上昇させてから作業を行いましょう。こうすれば、分離も修理後の取り付けも容易にできます。

上昇させたら、エンジンを切ってください。エンジンをかけたまま刈り取り部に触るのは危険なので、必ずエンジンを切りましょう。刈り取り部に防塵カバーがあれば、外したほうが作業がやりやすくなります。

次に、刈り取り部のデバイダの下に、長い角材を入れて水平に持ち上げましょう。このとき、脱穀部のこぎ深さチェーンを一番下にして、浅こぎにしておくとあとの作業が楽になります。

次に、刈り取り部の配線コネクタと廃油管を外してください。それから、油圧ジャッキで機体を持ち上げて作業しやすくしましょう。ジャッキで持ち上げたら、刈り取り部を支えている軸受けのボルトを外して、刈り取り部を分離します。

そのために、左右の固定ボルトを外しますが、いきなり片方だけ外さないで、右を少し緩めたら今度は左を緩めるように、左右交互に緩めたほうが無理なく外せます。このとき、ついでに刈り取りベルトも外しておきましょう。

刈り取りベルトは、エンジンの動力を刈り取り部に伝えるベルトです。運転席にある自動刈り取りレバーが入っていると、ベルトが張って外せなくなるのでレバーを切ってから行います。

次に、エンジンをかけてゆっくりバックで動かしましょう。こうすれば、刈り取り部が外れていきます。少しバックしたら、一旦エンジンを停めて全体を見回して、何か引っかかったり障害物がないか確かめましょう。問題がなければ、再度エンジンをかけてさらにバックして、刈り取り部を完全に分離させます。

必要な修理を行う

刈り取り部を分離させたら、刈刃をチェックして交換が必要なら交換します。通常、刈刃は予備を用意してあることも多いので、刃が欠けていたり摩耗していたり研ぐ必要があれば、予備の刃と交換しましょう。予備の刃がなければ、刃が欠けていたり研ぐ必要があれば、研いでから再び装着します。

コンバインの刈刃は、それほど鋭いものではありませんが、素手で扱う場合は、できるだけ刃の部分に触らないように注意しましょう。刃を研ぐのは通常グラインダーなどで行うので、グラインダーがある場所の近くで、刈り取り部の分離作業を行うとスムーズに進められます。

刈り取り部を装着する

刃を研いだり別の刃と交換するなど、必要な処置が終わったら、今度は刈り取り部を装着します。エンジンをかけてゆっくり前進し、刈り取り部の支軸と軸受けの位置を合わせてさらに前に進みます。左右の支軸と軸受けが、どちらもピッタリでないと装着できないので、何度かやり直しながら進めましょう。

左右の支軸と軸受けがはまらないと装着はできないので、あわてず慎重に行ってください。また、左右の支軸と軸受けをうまくはめるためには、できるだけ平坦な場所で作業を行うことが大切です。左右どちらかの軸受けに支軸が入ったら、固定ボルトを入れて軽く固定しましょう。

ただし、まだきつくボルトを締めてはいけません。片方のボルトが固定できれば、あとはそれほど難しくないので、もう片方も軸受けに支軸をはめたら、今度は両方の固定ボルトをしっかり締めましょう。

2人で行うと楽にできる

ここまでの一連の作業は1人でもできますが、2人で行うとさらにスムーズに進められます。特に支軸と軸受けをはめる作業は、1人よりも2人のほうが簡単にできるので、なるべく2人で行うようにしましょう。また、コンバインを分解して装着する作業は危険を伴うので、万が一怪我をした際も、2人いれば応急処置をするなどの措置が取れます。

まとめ

コンバインは農機具の中では可動部が多いため、故障する可能性が高くなります。特に刈り取り部は複雑な機構になっているので、点検を怠るとトラブルを起こしやすい部分でもあります刈り取り部は、コンバインが必要になる稲刈り時期の前と、稲刈り後に必ず点検しておきましょう。刈り取り部の整備は、コンバインを分解して行うことになりますが、1人で行うより2人のほうが効率がよく、危険もありません。

コンバインの買取査定依頼は、全国300店の販売店に買取依頼ができるノウキナビの買取査定サービス(無料)

お電話でのご相談も受け付けております。(平日:9時〜16時)
電話番号:0120-555-071 (フリーダイヤル 電話料無料)

農機具の故障カテゴリの最新記事

×