不要になった農機具はどうしたらいいの?4つの方法をご紹介

不要になった農機具はどうしたらいいの?4つの方法をご紹介

農機具は農家にとって大切な機械ですが、古くなったり新しい最新機能のついたものに買い替えたりして、不要になることもあります。不要になった農機具は、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、不要な農機具を手間なく処分する方法や、上手に活用する方法について解説します。

不要になった農機具の処分方法

不要な農機具の処分方法は、いくつかあるのでご紹介しましょう。

*下取り

農機具が不要になる理由はいくつかありますが、農機具が古くなり買い替える場合は、下取りに出すのが一番手っ取り早い方法かもしれません。古い型式のものは、売却や買取の方法では手間がかかるだけでなく、買い取ってもらえなかったりなかなか売れなかったりという可能性もあります。買い替えによる下取りの場合は、新しい農機具を買うときにほとんどの場合同じ店で古い農機具を引き取ってくれます。不要になった古い型式の農機具を手間なく処分することができます。しかも、下取りに出した金額分だけ、新たに購入する農機具の値段が安くなることもあるので一石二鳥です。

そのため、手軽に古くなった農機具から新しい農機具に買い替える方におすすめの方法です。しかし、下取りに出すと他に競争相手がいないので、下取り額は下取りに出す販売店の言いなりになってしまいます。下取り額はあまり期待できないのが実情です。また、下取りする販売店のネットワークもそれほど大きくなく、ほとんどが地元密着型なので、中古で販売する地域が限られるために、下取り額が高くなることはまずないと言っていいでしょう。販路が狭ければ、その地域で売れる見込みがないと、下取り額も自ずと低くなってしまいます。下取りに出すと、引き取りにきてくれる上に手続きも代行してくれるので、便利な点も多いのですが、下取り額が低くなる傾向があることは、知っておく必要があります。

*廃棄

不要な農機具は、廃棄すれば簡単に処分できます。農機具は大型の機械が多いので、いつまでも置いておくと邪魔になりますよね。一刻も早く片付けたければ、廃棄するのもいいでしょう。新しい農機具を買う場合は下取りも可能ですが、単に不要になった農機具をただちに処分したいだけなら、下取りはできません。さらに、型式が古い上に故障している状態であれば、売れる可能性もほぼないので、廃棄が唯一の選択肢になるでしょう。では、農機具はどのように廃棄すればいいのでしょうか。

不用品を廃棄する場合、粗大ごみとして出す方法があります。では、農機具を自治体が回収する粗大ごみとして出せるのかというと、それはできないのです。農機具は大型のものが多く重量もあるので、自治体では回収してくれません。自治体では、家具や家電品は粗大ごみとして回収してくれますが、農機具は粗大ごみの対象外となっています。農機具は、「適正処理困難物」に指定されています。大型でも小型でも、農機具の多くはエンジンやバッテリーを搭載しているので、これらを扱うのは危険が伴うため自治体では回収できないのです。また、粗大ごみとして回収するのは、一般家庭から出たごみと決まっています。農業は一般家庭ではなく事業と見なされます。事業によるごみは、量や種類に関係なく廃棄物として自分で処理することになります。

農機具の廃棄方法としては、民間の不用品回収業者に回収を依頼する方法があります。回収業者は、電話1本で駆けつけてくれるので便利ですが、処分費用はかかってしまいます。処分費用は農機具の種類や大きさによって違いますが、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。売れる見込みがない農機具をお持ちで、買い替える予定もない方は、どうしても処分したい場合不用品回収を依頼しましょう。

*自分で売る

次に、不要になった農機具の処分方法として、自分で売る方法があります。不要な農機具を友人や知人などに売る方法のほかに、ネットオークションなどに出品する方法もあります。最近では農機具専門のネットオークションがあるので、興味があれば利用してみるといいでしょう。ネットオークションは、誰でも気軽に出品できるので簡単で便利です。しかし、オークションで落札される金額は予測がつきません。思った以上に高値で落札されることもありますが、予想以上に低い金額で競り落とされることもあります。また、オークションは個人と個人の取引なので、落札した人から故障しているなどのクレームが入ることもあります。さらに、送料を誰が負担するのかなど、さまざまなトラブルに見舞われることがあるので、あまりおすすめできません。

*買取に出す

不要になった農機具は、上記のような処分方法のほかに買取に出す方法もあります。農機具専門の買取業者に出せば、適正に査定して買取額を提示してくれるので手間いらずで便利です。しかも、下取りと比べると、買取の場合は他社との競争原理が働くので買取額も高めになります。

ノウキナビの買取サービスと委託販売サービス

不要になった農機具を処分するには、ノウキナビの買取サービスや、委託販売サービスがおすすめです。ノウキナビは中間業者を経由しないので、他の買取業者より高く買い取ることができます。また、農機具を委託販売する方法もあります。これは、ノウキナビ上に、売りたい農機具を出品できるサービスです。

ノウキナビの農機具買取査定はこちらから

無料で出品できる上に、農機具をより高く売ることができるのでおすすめです。ノウキナビ委託販売では、農家が直接中古市場で不要になった農機具を売ることができるので、中間マージンがない分高値で売ることができます。

まとめ

不要になった農機具を処分するには、下取りに出すほかに、廃棄や自分で売る方法、買取に出す方法などがあります。この中で一番高値で売れる可能性があるのは買取です。特に比較的新しい型式の農機具を処分予定の方は、買取を検討してみてください。ノウキナビの買取サービスや委託販売サービスを利用すると、さらに高値が期待できます。

農機具の買取査定依頼は、全国300店の販売店に買取依頼ができるノウキナビの買取査定サービス(無料)

 お電話でのご相談も受け付けております。(平日:9時〜16時)

 電話番号:tel:0120555071(フリーダイヤル 電話料無料)

農機を処分したい方へカテゴリの最新記事

×