コンバインの耐用年数をご存じですか?耐用年数について専門家がご紹介!

コンバインの耐用年数をご存じですか?耐用年数について専門家がご紹介!

コンバインは、稲作農家にとって重要な農機具です。秋になると、稲作地帯では田んぼにコンバインが並んで、稲を刈る風景が見られます。コンバインがないと、稲刈り作業はとても非効率です。そんなコンバインの寿命はどれくらいなのでしょうか。ここでは、コンバインの耐用年数を伸ばすメンテンナンス方法についても、ご紹介しましょう。

コンバインの寿命

通常、コンバインは10年使うと寿命がくると言われており、稼働時間に換算すると約700時間になります。ただし、コンバインの寿命は使い方次第で変動します。酷使すればもっと早く寿命がくるし、大切に使えば10年以上長持ちします。10年で寿命がくると言いながら、一方で稼働時間1000時間で寿命というのは、10年使うか稼働時間1000時間に達するか、いずれかが当てはまるタイミングで寿命がくるということです。
例えば、10年たたなくても1日の使用時間が長ければ、8年くらいで稼働時間が1000時間になってしまうこともあるでしょう。これとは逆に、1日の使用時間が短く、しかも使用頻度も少なければ、10年以上たっても問題なく使える場合もあります。

稼働時間が多いか少ないかは、その農家の稲作の規模によって異なってきます。大規模な稲作農家であれば、コンバインを長時間使うのはやむを得ないでしょう。しかし、コンバインを長時間使っても、定期的にメンテナンスをすれば、長持ちさせることができます。そこで、基本的なメンテナンスさえ怠らなければ、酷使しても寿命を延ばすことができます。これは、中古市場で10年以上のコンバインが、高値で取引されているのを見ればわかります。ただし、コンバインは500時間を超えるあたりから、不調が目立つようにはなってくるでしょう。トラブルが続くようなら、稲刈り作業にも影響するので、買い替えを検討したほうがいいかもしれません。

コンバインの耐用年数を伸ばすメンテンナンス方法

コンバインの寿命を延ばすには、定期的なメンテナンスが重要だと上記で述べました。しかし、メンテナンスといっても、コンバインのどこをどうチェックすればいいのか、わからないという方も多いでしょう。そこで、コンバインの寿命を延ばすメンテナンスのやり方を伝授します。

*エンジンオイルの点検

エンジンオイルが不足したり汚れたりすると、エンジンに不具合が起きやすくなります。エンジンの不調はコンバインの寿命に直結しますから、コンバインを長持ちさせるには、エンジンオイルの点検が欠かせません。エンジンオイルの点検は、オイルゲージを抜いてオイルの量を確認し、少なければ補充しましょう。また、エンジンオイルは、初回は50時間、2回目以降も50時間ごとに交換が必要です。

*オイルフィルタカートリッジの点検

オイルフィルタカートリッジも、アワーメーターを見て初回は50時間、2回目からは200時間ごとに交換しましょう。エンジンオイルと同じタイミングで交換すると、わかりやすいのでおすすめです。

*ファンベルトの点検

ファンベルトは、エンジンの動力をラジエーターに伝える重要な役割を果たしています。そのため、ファンベルトに亀裂が入ったり、摩耗したりするとうまく動力が伝わらず、エンジンがオーバーヒートしてしまいます。また、ファンベルトにたわみがあっても動力が十分に伝わらないので、たわみが5㎜から10㎜の範囲に収まるように調整しましょう。

*ラジエーターの点検

ラジエーターは、エンジンを冷却する役割を担っています。ラジエーター防じん網にホコリが詰まっていると、うまく動作せずエンジンがオーバーヒートする恐れがあります。もしホコリが詰まっていれば、エアコンプレッサーでホコリを吹き飛ばしましょう。ついでにラジエーターホースも点検して、水漏れがないことを確認してください。

*刈り取り部分の点検

コンバインは、刈り取り部分の引き起しチェーンに取り付けられた引起し爪を使って、倒伏した作物を引き起こします。そのため、引き起し爪に摩耗や破損がないかを確認して、引起し漏れが発生しないようにしましょう。また、引起しチェーンも緩みや摩耗がないかを確認してください。引起しチェーン・爪で引き起こされた作物を刈り取るのが、刈刃の役割です。刈刃が欠けていないか点検したり、定期的にオイルを塗ったりすることで、刈り残しを防げます。

*クローラの点検

クローラの摩耗や損傷は、クローラが緩んだり外れたりする原因となります。コンバインの走行不良に繋がってしまうので、安全性が低下したり、作業効率が悪くなったりします。定期的に点検を行い、必要であればクローラの交換を行いましょう。

*脱こく・排わら部分の点検

わら切刃が摩耗していると、わらが細断されず、大量のわらがこぎ室内に滞留してしまいます。作業能率が大幅に低下してしまうため、脱穀カバーをあけて定期的にわら切刃の状態を点検しましょう。なお、刃の点検の際は、手が切れないよう手袋をして、刃に手をかけないように注意してください。

まとめ

コンバインの寿命は10年、稼働時間にして約700時間程度と言われています。コンバインの寿命を延ばすには、エンジン部分や刈り取り部分などの主要部分を中心に、定期的なメンテナンスが必要です。エンジンや刈り取り部分などの不調は、そのままコンバインの寿命に直結します。寿命のできるだけ長くするためにも、正しいメンテナンスを心がけるとよいでしょう。

いまお持ちのコンバインの買取をご希望の方は、日本全国の農機具屋に査定を依頼できるノウキナビ買取査定サービスがおすすめです!
https://www.noukinavi.com/kaitori/combine/

農機具の故障カテゴリの最新記事

×