台風19号被害、北信濃の農業復興へ 飯綱でプロジェクト始動 /長野

公開日: : ニュース・新着情報

江原宏晃さん(左)の花卉農園のブランディング_20191206
の相談に応じる山岸直輝さん=長野県飯綱町牟礼のZQで

台風19号で甚大な被害を受けた北信地方の農業を、農産品のブランディングや加工品開発を通じて復興させることを目指す「北信濃農業復興プロジェクト」が始動した。山ノ内町出身で、地域の産品の6次産業化を手掛けるベンチャー企業「MISO SOUP(ミソスープ)」(東京)でプロデューサーを務める山岸直輝さん(29)がスタートした。

山岸さんは東京での経験を生かして地元に貢献しようとしていた矢先、その地元が台風19号に見舞われた。実家のリンゴ園も落果などの被害が出たが、知人の尽力で今月24日に東京都足立区の銭湯30店で「リンゴ風呂」を開催することになった。「自分以外にも『長野の農業を支援したい』と思っている人が大勢いる。窓口を作りたい」と思い立った。

15日、飯綱町の中心部の空き店舗をリノベーションしたコミュニティースペース「ZQ(ズク)」(同町牟礼)を拠点にプロジェクトを始動した。第1弾として、中野市で花卉(かき)農園「Hananono(はなのの)」を経営する江原宏晃さん(33)が、低農薬で栽培したシャクヤクを中心にしたブランディングを相談しに訪れた。

江原さんは食品メーカーを脱サラして妻の実家を継ぎ、3年目。「商品を買ってもらう難しさは前職で思い知りました」と笑い「これからは花卉農家もクリーンエネルギーで持続可能な農業を目指す時代ということを打ち出したいが、生産に集中したいので山岸さんのプロジェクトはありがたい。農業で地域全体を活性化させて復興の力になりたい」

山岸さんは「この台風被害は大ピンチだが、いろいろな垣根を取り払って農業者が連携し合える契機にしたい。『北信濃』と銘打ったのは市町村に関係なくいろいろな地域資源を横につなげたいから。新しい価値を生み出したい」と話す。

  • https://kitashinano-project.com/

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

農業メディア TSUCHIKAU (ツチカウ)2020年12月人気記事特集!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 2021年が明けて、早いもので3週間になり

記事を読む

「ソーラーフードドライヤー」と「ソーラーシェアリングで採れたサツマイモ」が当たるキャンペーンが開催!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 2020年11月16日から、スマホ

記事を読む

おうち時間に家庭菜園を始めよう!初心者におすすめの野菜と必要なグッズ

おうち時間の増加や、健康に対する意識の高まりから、いま「家庭菜園」に注目が集まっています。採れたて

記事を読む

田んぼやハウスの栽培管理をスマホで…シンプルで実用的なスマート農機「farmo」がスゴい

次世代の農業界を担う?!との名目で颯爽と登場した感のある「スマート農業」という語。スマホアプリやA

記事を読む

農業メディア TSUCHIKAU (ツチカウ)2021年1月人気記事特集!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の恩田です。 2021年も早いもので2カ月が経過しました

記事を読む

発表!2019年農業技術10大ニュース

農林水産省は、この1年間に新聞記事となった民間企業、大学、公立試験研究機関及び国立研究開発法人の農

記事を読む

土用の丑の日。一体何の日?

昨日(2020年7月21日)は土用の丑の日でしたがみなさんはうなぎを食べましたでしょうか?今年はニ

記事を読む

雑穀米とは⁉おいしくてヘルシーな雑穀の雑学

白米に雑穀を混ぜて炊く雑穀米。スーパーなどで雑穀米用にブレンドされた商品が並ぶのをみかけることもあ

記事を読む

農家さん必見!ベトナム人労働者に定着してもらうために必要なこととは?

少子高齢化によって人手不足が進む日本。農業分野も人手不足、担い手不足が問題となっていますね。

記事を読む

農場空撮

遂に国も「農業×IT」に本腰をいれる!令和元年度スマート農業実証プロジェクト参加者インタビュー

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 みなさんは「スマート農業実証プロジェクト」

記事を読む