ベランダ栽培でも覚えたい!使い終わった古い土を再利用する方法

公開日: : 農業のヒント

使い終わった土はまた使える?

プランターや植木鉢で育てた野菜や花、収穫や観賞時期が終わって、土の処分方法に迷っていませんか?また、使い終えた土をゴミとして捨ててしまっていませんか?一度きりで土を使い捨てにしてしまうのは、もったいないと考えている人もいるかもしれません。そもそも土はリサイクルして使えるのでしょうか?そんな疑問をもつ人に朗報です。

使用後の土を、もう一度栽培に適した品質にもどして再利用する方法があります。古い土を使い続けると、次の植物がうまく育たない、病気にかかりやすいなどのトラブルにつながりやすいので、そのまま使うことは避けるべきでしょう。使用後の土を再利用するために必要な処理方法を詳しくご紹介します。

古い土を使わない理由

古い土をそのまま使うことをおすすめできない理由には、次のようなものがあります。

理由①ゴミや害虫が混ざっている

使い終わった土には、不要なゴミや前に育てた植物の根、他の植物の種子が残っていたり、害虫などが生息していたりすることがあります。

土の中にそうした不要なものがあると、次に育てる植物の成長を妨げることがあります。例えば、種が混在していれば、育てたい植物のための栄養分を奪い、順調に成長しないことが心配されます。さらに、害虫やその卵が残り、病気の原因になることも考えられるでしょう。

理由②病原菌・ウイルスが残っている

目には見えませんが、使い終わった土の中には、病原菌やウイルスがひそんでいることがあります。前に育てた植物が病気にかかっていた場合、次に育てる植物に引き継がれる可能性もあるので、土を再利用する場合には、消毒して病原菌やウイルスを除去してから使用しましょう。土の殺菌、消毒方法は、「土の再生の手順」のところでご紹介しています。

理由③栄養が不足している

植物は土から栄養分を吸収して育ちます。使い終わった土は栄養分が不足し、次に育てる植物の成長に影響することが考えられるでしょう。土を再利用する場合には、やせた土に栄養分を追加して豊かな土につくりかえてあげることが必要です。

理由④土がかたく水はけが悪い

使い終わった土の多くは粒と粒の間のすき間がつまり、かたくなっています。植物を育てるためには、土に空気を含ませ、フカフカでやわらかな状態が必要なのです。そうした土を作ることで、水はけがよくなり、植物の健康な生育が期待できます。

理由⑤連作障害がおきることがある

同じ土に同じ「科」の植物を連続して植えることで、成長が妨げられることを連作障害といいます。例えば、同じナス科であるトマトとナスを植え続けると連作障害がおきやすくなります。

連作障害はプランターや鉢植えでも発生します。連作障害を防ぐためには、使い終えた土を再利用する前に栽培に適したものに作りかえましょう。さらに、可能ならば次は科の異なる植物を植えるようにします。

使い終わった土は再利用できる!

使い終わった土を再利用するために、必ず行っていただきたいプロセスがあります。プランターや鉢植えで使い終わった土を再び使うために必要な手順や方法をみていきましょう。

古い土の再生方法

必要な道具

ゴム手袋・軍手:手の汚れ、ケガを防ぐために手袋を使用します。土の再利用には水を使うため、軍手よりゴム手袋がおすすめです。

スコップ:土を移動させる作業には大きめのスコップがあると便利です。

ふるい:園芸用のふるいや目の細かいザルを利用しましょう。園芸用の粗目、中目、細目の3種類があると仕上がりがよくなります。

ポリ袋(大小):ふるいにかけるとき、消毒にも使用します。園芸シートがない場合はかわりに大きめのポリ袋を使用しましょう。

園芸シート:土を広げるためのシートが必要です。

古い土:プランターや鉢に入った土は乾燥気味にしておきます。

古い土の再利用の準備

まず、プランターや植木鉢から育て終わった植物を抜き取ります。次に、スコップなどで土を軽く混ぜ、数日間かけて乾燥させましょう。土が湿っているとゴミが取り除きにくくなるので、何回が土をかき混ぜて乾燥気味にすることがポイントです。目に見える大きなゴミはここで取り除いておきます。

土の再生の手順

プランターや鉢の土が乾燥したら、土の再生をはじめましょう。手順に沿ってすすめてみてください。

手順①土をきれいに掃除する

まずは使い終わった土をきれいにすることからはじめましょう。ふるいを使って土の中のゴミや不純物を取り除きます。粗目、中目、細目の3種類のふるいがある場合は、粗い目のもので大きなゴミを取り除き、順に中目でさらに小さな不純物を除去します。細目でふるい取った土は細かすぎ、根詰まりの原因となるため処分します。

3種類のふるいがない場合は、園芸用のふるい、または目の細かなザルを使用しましょう。植物の根、枯れ葉、石、肥料の残りなどの不要物を取り除きます。大きな根や鉢底石などは手で取り除くと作業が早く進みます。

手順②土を殺菌、消毒する 

ふるいにかけてごみを取り除いたら、土を消毒しましょう。消毒にはいくつかの方法があり、暑さや寒さなどの温度を利用するほか、薬を利用する方法があります。

夏なら、黒いビニール袋に土をいれ、水をたっぷりいれて、十分に土を湿らせたら、口を閉じ、直射日光に当てます。この時袋が大きすぎると動かしづらいので、重量も考慮したうえで袋のサイズを決めてください。

1週間に1度、袋を動かして日光が当たる面を変えていきましょう。土が乾燥してしまったら、水を足してしっかりと湿らせます。1カ月程度しっかり光に当てたら消毒完了です。

寒さを利用するなら、袋に土を入れ熱湯をかけて混ぜ、屋外において寒さにさらします。2~3週間に1度かき混ぜてしっかり消毒します。

市販の消毒剤を使えば、もっと簡単に古い土の消毒ができます。

手順③土の環境を改善する

土の消毒が終われば、土質を改良し、植物が育ちやすい環境を整えましょう。

土をふかふかにして、水はけ、空気の通りをよくし、酸性に傾いた土をアルカリ性にします。

ふかふかの土をつくるには、古い土に腐葉土や堆肥などの有機物を追加して混ぜ合わせます。有機物の量の目安は、土に対して約半量です。これらの有機物は有用な微生物で分解されたもので、土に適度なすき間をつくり、水はけを改善し、次に植える植物が育ちやすくなります。

また腐葉土や堆肥は、酸性に傾いた土を弱アルカリ性にしますが、苦土石灰を混ぜることも有効です。日本の雨は酸性の傾向があり、土中にある石灰などのアルカリ分が流れ出てしまい、土壌は自然に酸性になりがちです。

さらに簡単に土壌を改善するなら、土壌改良剤、復活剤、リサイクル剤などが市販されています。それら薬剤の使用量はパッケージに表示されているので、参考にしてみましょう。

手順④土に栄養を補給する 

栄養分を失ってしまった古い土に栄養を補給すれば、土の再利用ができるようになります。植物の成長に必要な窒素、リン、カリウム、ミネラルなどを必要に応じて補給します。市販のコメヌカ、腐葉土、牛糞、鶏糞などを混ぜ込みましょう。

手作りのコンポスト(生ごみや落ち葉などの有機物を発酵分解させて、堆肥として利用すること)を使用することができますが、未発酵の材料を使うと土の温度があがりすぎ、根が傷みやすくなります。肥料はしっかりと発酵させてから使用してください。

古い土の処分方法

これまで、古い土を再生する方法をご紹介してきましたが、そこまで手間をかけることができないという場合は、廃棄することも考えなければなりません。土を捨てるには地域の決まりに従う必要があるので、まずは自治体に問い合わせてみてください。

中には、燃えないゴミとして処分してくれることもあり、事前に確認することをおすすめします。自治体によっては引き取ってもらえないこともあります。そんな場合には、専門業者に依頼したり、引き取り可能なホームセンターを探してみましょう。

土も大切な自然の資源ですから、大切に扱いたいものです。環境への負荷を考えて使い終えた土は再利用することを第一に考え、処分する場合は適切な方法で破棄するよう心がけてください。

環境に配慮するなら土のリサイクル

環境にやさしいガーデニングを目指すなら、やはり土を使い捨てることなく再利用するのがおすすめです。日本人が昔から大切にしてきた「もったいない」という考え方は、自然と共に生きるための循環型の社会の普及にも大切なこと。土もリサイクルして、自然にやさしい方法で植物を育ててみてください。

 
 

Atsuko.Y

投稿者:Atsuko-Y

関連記事

「カッコいい農業」は作れる!農業女子・農業男子必見のファッションブランドを探る

数年前ごろから、「山ガール」ならぬ「農ガール」というワードがファッション界で密かなブームになってき

記事を読む

ベランダで家庭菜園!アパートでも育てることができる野菜や果物

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 筆者もツチカウ編集部に入って半年が経ちまし

記事を読む

愛用していた農機具が…農機具の故障トップ3は?!

農機具を使っていると、どうしても故障してしまうものです。農機具屋の視点から、農機具の修理をしていて

記事を読む

土いらず、水耕栽培が激アツい!自家製ボトルで水菜をわんさか育てる方法

「庭仕事をせずに、毎日獲れたてシャキシャキの水菜を食卓に招き入れる」そんな一見、手品みたいなお話が

記事を読む

【意外と知らない?】家庭菜園の野菜栽培でもっとも大切なのは「土づくり」です【基本を紹介します】

長かった夏が終わり、ようやく秋になったかと思えば、急激に気温が下がり早くも冬の訪れを感じさせていま

記事を読む

キッチンのマスコットに認定?身近な手作りアイテムでバジルを水耕栽培

今、あたらしい一歩を踏み出そうとする人々の流れが加速しています。コロナ渦が私たちに否応なく突き付け

記事を読む

ホーム玉ねぎの育て方。栽培のコツや注意するポイントを解説

8月に植え付け時期を迎える野菜の1つに「ホーム玉ねぎ」があります。通常、玉ねぎは栽培から収穫

記事を読む

秋の栽培シーズン到来!初心者にオススメの秋冬野菜をpick up!

トマトやピーマン、ナスといった夏野菜のシーズンが終わり、今年の家庭菜園もそろそろ終了かな?とお考え

記事を読む

ネットで見つけた!カッコいい×農業を実践する人々

インターネットのおかげで私たちは、場所や時間の制約を超え、自分が体験したことのないような世界・歴史

記事を読む

簡単!美味しい!おしゃれ!家庭菜園でこれから栽培すべきは二十日大根

平年に増して暑い日が多い印象の2020年の夏。家庭菜園をしている皆さんの中には、トマトやキュウリな

記事を読む