春のみかん「カラ」はご存知ですか?

公開日: : 食×農業

春のみかん「カラ」は、温州みかんとキングマンダリンを掛け合わせた比較的新しい品種です。1935年にカリフォルニア大学のフロスト博士が、尾張系温州ミカンとキングマンダリンを交配し育成して生まれました。

ところがカリフォルニアではうまく育たず、商業用栽培に栽培されるまでにはいたりませんでした。それが1955年に日本にやって来て、わずかですが栽培され、出荷されています。

「カラ」は極めて濃厚な甘さと、ほどよい酸味が特徴。見た目は温州みかんと似ています が、味はオレンジに近く、外皮はややしっかり。

樹に成っている期間が長く、濃厚な果汁がたっぷりでジューシー。

実ができてから収穫まで、およそ1年も樹上で育てます。そうすることで果実に養分を行き渡らせ、糖度を高めることができるのです。この長い栽培期間のため、栽培している農家が少なく、世界でも商業用栽培をしているのは日本くらい。とても希少なみかんのひとつです。

いつものみかんと同じように皮は手でむけますし、中の薄皮もそのまま食べられます。

三重ブランドとして認定されている「南紀みかん」のなかでも春みかんである「カラ」は、雨が多いと酸が穏やかになる特徴を生かした希少なみかんです。

このカラは、「カラマンダリン」とも呼ばれます。

この「マンダリン」は中国清朝の官吏のこと。清朝は愛新覚羅溥儀が「ラストエンペラー」という映画にもなりました。清朝の皇帝は北京の紫禁城におりましたので、清朝の高官である官吏の使う北京語のことも指します。

なぜマンダリンがみかんの名前になったかというと、その官吏の服の色がみかんのようなオレンジ色だったからだそうです。

黄色は皇帝の色。オレンジは高級官僚の色だったんですね。

今でもハリウッド映画などでマンダリンという名前の付くキャラクターがアジア系なのは、こういった背景があってのことのようです。

おうちで映画を見ながらのみかん、落ち着きますね。

最後に、春のみかん「カラ」を直販で買えるサイトをご紹介します。ぜひご覧になってください。

→ ご購入はこちらから(農家直売どっとこむ)

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

フードロスをなくす逆転の発想&ハートフルな第一次産業の取り組み事例を紹介!

この惑星のすべての問題は、愛の枯渇から生まれる。 世の中の問題は、いく

記事を読む

ブドウ好きが推す「ナガノパープル」 見かけたら絶対買うべき理由とは

秋の果物が美味しい季節がやってきました。林檎に梨にブドウ・・・魅力的なフルーツはたくさんありますが

記事を読む

ヴィーガンコンビニ&ファミレス/「VEGAN STORE」浅草に1号店

global meetsは12月3日、東京・浅草に、全て植物性の商品及び料理を提供するヴィーガンコ

記事を読む

畑からはじまるスキンケア!美と健康のための注目素材⑥カモミール

カモミールの和名は「加蜜列(かみつれ)」といいます。カモミールは「マザーズハーブ(お母さんの薬草)

記事を読む

栄養満点野菜の「再生栽培」

こんにちは、ツチカウ編集部の恩田です。 二十四節気の一つ「大寒」が過ぎ、暦の上では次第に温か

記事を読む

近年大注目!日本ワインの魅力とは?

今回は人気急上昇中の「日本ワイン」について紹介したいと思います。スーパーやコンビニ、通販などで、フ

記事を読む

畑からはじまるスキンケア!美と健康のための注目素材⑦緑茶

日本人の生活にしっかりと定着している緑茶は、現在では海外でも人気の飲み物です。そのおいしさや健康と

記事を読む

自然栽培とは?有機・無農薬栽培との違いやメリット・デメリットを解説

「自然栽培」という言葉を聞いたことがありますか?自然栽培とは、太陽や空気、水、土など自然界が持つ本

記事を読む

有機農業の日とは?

みなさん、12月8日が有機農業の日(オーガニックデイ)ということをご存知でしょうか? 有機農

記事を読む

タネが食の未来を握る? 「タネの図書館」について浜松シードバンク・シードカフェさんに聞いてみた!

昨年12月に種苗法の改正が可決され、農に関わる人には今何かと気になるタネの話。しかしそれは、私たち

記事を読む