【草刈り】チップソーかナイロンコード、どっちを選ぶ?

こんにちは、ノウキナビの恩田です。

弊社の通販サイトでも売れ行き好調な草刈機(刈払機)ですが、「刈刃=チップソー」と言ったイメージが強いのではないでしょうか。しかし、作業をする場所によって、ナイロンコードとうまく使い分けることがオススメです。

目次

そもそも「チップソー」「ナイロンコード」とは?

まず、チップソーとナイロンコードの比較を以下にまとめてみました。

切れ味際切り消耗頻度作業幅草の始末
チップソー
ナイロン


チップソーは、丸いノコギリの歯先に「チップ」を付けた刈刃です。よく見ると、先端には再度、金属素材がついていることがわかります。チップソーは「丸のこぎり」と呼ばれる丸型の形状で、刈刃が回転することによって対象物を切断します。
対して、ナイロンコードは耐久性と切断力を持つ、特殊ナイロン素材のコード(ヒモ)です。コードを左右に出して回転させ、勢い良く草に当てて草を刈る仕組みです。

「チップソー」切れ味良好・消耗頻度少なめな”THE 草刈機”


「草刈機といえばチップソー」というイメージが強くあるのも、その切れ味が優れているからではないでしょうか。比較的やわらかい雑草を刈る時には、歯先のチップは30個ほどで良く、竹や笹などを刈る場合には、チップがより多いものが優れた草刈り力を発揮します。また、チップは簡単に欠けるなど消耗しないため、比較的長く使用することができます。
しかし、消耗しづらいチップも縁石のような固い物に当たると欠ける可能性があり危険です。

現在弊社では、チップソーのみの購入は展示場でご対応しています。チップソータイプの草刈機は、弊社通販サイト「ノウキナビ」でお選びいただけます。

「ナイロンコード」作業幅が広く、際まで刈れる優れもの

ナイロンコードは言わば、刃物ではなくヒモを草に叩きつけて折り切るものです。そのため、固い物に当たっても「欠ける」ということがないため、縁石近くの草刈りも安全に行うことができます。
また、ナイロンコードはコードが回転する360度全てが草刈り範囲と、広い作業面積を持つのが特徴です(チップソーは刈刃を振った一部しか草刈りができません)。
しかし、ナイロンコードは切れ味や消耗頻度等はチップソーにやや劣ります。使用を重ねるとコードが摩耗し、バラけることもあります。使用後はきちんと摩耗を確認し、メンテナンスすることが大切です。

商品のお求めはこちら!

【ちょこっと豆知識】実は、ナイロンコードは4種類以上もある

ナイロンコードは「コードの角度」によって種類が分かれます。「丸型」、「四角型」、四角型をねじった「スパイラル」、そしてノコギリの表面の様な形で切断力をアップさせた「ノコ型」があります。丸型が最もポピュラーな形状ですが、最近ではスパイラル型やノコ型など、新たな種類も生まれています。
障害物が多い所では消耗を軽減するため「丸型」、とにかく切れ味を重視するのであれば「ノコ型」と、草刈りをする場所によってナイロンコードを使い分けるのもオススメです。

【ノウキナビ】草刈機の取り揃えは830品以上!

弊社では今回ご紹介した商品を含め、830品以上の草刈機を取り揃えています。

ノウキナビは「農機具通販セレクトショップ」として、農機具メーカーさんから様々な農機具を取り揃えて販売しています。その商品数は合計20,000点以上!

「ノウキナビコールセンター」も設置しているので、“買いたい・売りたい・修理したい”
といったお声にも、土日・祝祭日を含む365日対応いたします。
(0120-555-071)

また、ノウキナビは現在スタッフも募集中です。
随時、会社説明会も開催しているので、気になる方はこちらにアクセスしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ノウキナビを運営する株式会社唐沢農機サービスのコンシューマーマーケティンググループです。
農家の皆さんに役立つコンテンツ、ノウキナビが便利になるようなコンテンツを作っています。
一緒に働くメンバーも応募しています。

目次