田植え前の大事な代掻き。ドライブハローとロータリーどちらでしますか?

代掻き
暖かくなってきて田植え直前ですね。このブログをお読みの方々はお忙しい時期かと思います。今回は代掻き専用のアタッチメント「ドライブハロー」をご存じない方もいらっしゃるということをお聞きし、代掻きに使用するアタッチメントの代表ドライブハローとロータリーを使用するメリット、デメリットを上げてみました。

目次

1.代掻きの目的

代掻き:田起こし後に田に水を張り、土を細かく砕き、掻き混ぜ、田の表面を平らにする作業。(均一に田植えが出来るようになる為のもの)

代掻することで

1.苗を植えやすくし、苗の活着と発育を良くする
2.土の表面を均すことで苗がむらなく生育するようにする
3.藁・雑草・元肥をむらなく混ぜ込む
4.雑草の種を深く埋め込むことにより、雑草の発芽を抑える
5.有害ガスを抜く
6.有機物の腐熟の促進

のような効果もあるそうです。
ですので、見かけは土の柔らかさが活着が良くなる程度になり、水を張った時にゴミが浮かず、均一に均されるようになっていることということですね。

2.代掻きを「ロータリー」でするメリット・デメリット

【メリット】

トラクターがあれば購入する必要がない

付替する手間がない

【デメリット】
・撹拌するのが目的なので浮力があるもの(藁など)を土の下に押しこむことが出来ない(雑草の発芽が増える/病気が出やすい)
・綺麗に代掻きするのに技術が必要

トラクターがあれば新しく購入しなくても代掻きをすことが出来ることが最大のメリットですね。技術があれば代掻きが上手に出来るようになるサイトもありましたので見つけてもいいかと思います!

稲作における重要な工程「代掻き」について、ロータリー作業機で行うコツと極意
http://blog.livedoor.jp/syumatsu/archives/52862480.html

Yahoo!JAPAN知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106591653

3.代掻きを「ドライブハロー」でするメリット・デメリット

【メリット】

稲の活着がより良い

フロクがなくなる

→均一に水はけが出来るようになる

浅く細かく砕くことが出来、切り藁を埋めることが出来る

→病気になりにくくなる→除草剤を播く回数が減る

速くきれいに平らに仕上げる事が出来る

田植えに最適な二重構造を作ることが出来る(カタログ記載有り)

【デメリット】
・基本的には代掻きにしか使えない
・保管する場所が必要になる
・トラクターに付替する必要がある

代掻き専用のドライブハローだけあり、早く美しく代掻きが出来ることに加え、大事な藁や雑草を土にうまく埋め込んでくれることで、除草剤を播く回数を減らすことが出来ることは大きな効果ですよね。

4.まとめ

農薬をなるべく減らしたい方、病気や収量でお悩みの方、フロクを解決したい方はドライブハローを使って代掻きをすると良さそうです。

農機販売店でもオススメして買って良かったという声が多いアタッチメントなので、今年の代掻き用にドライブハローを探してみては如何でしょうか?

中古農機をお探しならノウキナビ!
https://www.noukinavi.com/

ノウキナビでハローの中古を探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ネットで安心して農機の購入ができるサイト/

この記事を書いた人

農機のことならノウキナビ!
売りたい!買いたい!送りたい!パーツだって取り寄せます!
痒い所に手が届くノウキナビに是非ご相談ください。

目次