1/21(火)に新規就農フォーラムin福島を開催!なりたい自分になろう

公開日: : ニュース・新着情報, 地方×農業

令和2年の幕開けに際し、「なりたい自分に」なるために新規就農の道を選ぶことも、今の時代、決して珍しい話ではないのかもしれません。

1月21日(火)、就農意欲の喚起や経営発展を目的として、東北農政局主催、福島県共催、福島県農業協同組合中央会後援により「新規就農フォーラムin福島」が開催されます。(参加無料)

福島県の農業の持続的な発展を図るためには、次世代を担う多くの就農者を確保するとともに、その定着化を図ることが喫緊の課題となっています。

新たに福島での就農をお考えの方は、ぜひこの機会に会場に足をお運びください。


 

1 日時

    令和2年1月21日(火曜日) 11時00分~16時00分

2 場所

    福島県農業総合センター(郡山市日和田町高倉字下中道116番地)

3 内容

(1)基調講演 「若い力で農業を盛り上げよう」
      講演者:ラジオパーソナリティー  藤原 カズヒロ 氏

(2)トークセッション 「なりたい自分になろう」
   《事例発表者・パネリスト》

     ・ 新規就農者 林 玄三郎 氏(昭和村)

       昭和村産業建設課産業係 係長 山内 康次 氏

     ・ 有限会社まるせい果樹園(福島市)

       新規雇用就農者 大和田 瑞貴 氏   佐藤 弘樹 氏

       法人経営者 佐藤 ゆきえ 氏

     ・ 新規就農者 後藤 直之 氏(新地町)

   《ファシリテーター(司会進行役)》

    ラジオパーソナリティー 藤原 カズヒロ 氏

(3)就農相談コーナー
    新規就農、農業経営、営農資金等について、農業関係団体等の出展団体が個別に相談対応します。

(4)就農 P R コーナー 
    市町村等が作成した就農パンフレット等を展示します。

4 参集範囲 

   就農希望者、新規就農者等農業者、農業関係団体、行政機関等

5 参加申込

下記、福島県のウェブサイトからチラシPDFをダウンロードし、裏面の参加申込書により申し込みください。
(申込期限:1月16日)

農業担い手課 > 新規就農フォーラムin福島

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

太陽光発電で有機農業の運営を支援「有機農業支援型ソーラーシェアリング事業」とは?

電気の生産者がわかる「顔の見える電力™」など今までにない電力サービスの開発に取り組んでいるみんな電

記事を読む

自然農法とは? “自然”とできるだけ自然に寄り添えば自然に作物は育ちます。

大むかしの農法が自然農法? わたしたちがフツーにスーパーなどで買って食べている野菜。一般的に

記事を読む

遊休地を活用したゼロから始める野菜塾

令和3年度より、長野県飯綱町でスタートした「ゼロから始める野菜塾」。 りんごの町として名高い

記事を読む

読めば丸わかり!個性派揃いの「りんご三兄弟」が人気上昇中の理由は?

秋のフルーツが揃い踏みして、スーパーや八百屋さんの果実コーナーが賑やかになってきましたね。特にこの

記事を読む

3つの農業協同組合とともに開発・運営する農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」を全国で提供開始

株式会社AGRI SMILE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中道 貴也、以下AGRI

記事を読む

豊かさをデザインする!?パーマカルチャーから考える農業とライフスタイル

みなさん、いまのご自身の生活を振り返って、「ロスしてるな...」と思うことはありませんか。つ

記事を読む

認定新規就農者になればメリットだらけ!?

前回、新規就農のためのいろはの記事の中で認定新規就農制度について少し触れさせていただきました。今回

記事を読む

農家の補助金・支援制度の周知に課題見える(農家・農業関心者の実態・意識調査結果)

ツチカウ編集部では2020年3月、「農家・農業に関する調査」を行いました。今回、その結果がまとまり

記事を読む

農林水産省「若手農業者向けアンケート」の結果を読み解いてみた

農林水産省では、49歳以下の若手農業者における現状や将来に向けた考えを把握するため、平成29(20

記事を読む

水耕栽培とプランター栽培をマンションで実際にやってみましたレポ[VOL.2]

人生初となる青しその水耕栽培と、東向きで強風に煽られるという、決して好条件ではないマンションのベラ

記事を読む