任期を終えた地域おこし協力隊はその後…注目の調査結果は

任期終了後、約6割の隊員が同じ地域に定住

総務省の令和元年度「地域おこし協力隊の定住状況等に係る調査結果」から、地域おこし協力隊の“その後”の姿が明らかとなった。

任期を終えた地域おこし協力隊員全体では、終了後に活動地と同一市町村、もしくは近隣市町村に定住した者が62.8%に上った。

同一市町村に定住した人の内訳を見ると、「起業」が36%と、前回調査時の29%から7ポイントアップした。起業の形態としては「飲食サービス業」「美術家・デザイナー・写真家・映像撮影者」「宿泊業」がトップ3であった。

副業解禁や週末起業・プチ起業ブームなど、多様化する働き方を一つの背景に、定住した市町村への“恩返し”の形態の一つとして、「起業」という選択肢が協力隊員にとって身近なものになってきているのかもしれない。

任期終了後定住率トップの県は…?

地域おこし協力隊の任期終了後定住率を都道府県別で見た結果が以下の表だ。

【都道府県別 定住率Top5】

  1. 静岡県(83.3%)
  2. 山口県(79.2%)
  3. 京都府(74.4%)
  4. 熊本県(74.0%)
  5. 新潟県(72.8%)

※任期終了者数が30名以上の都道府県で集計

任期終了者数48人に対し40人が定住、と絶対数はやや少ないものの、8割を超える定住率を誇ったのはお茶やミカンの産地として知られる静岡県だけだった。

2位以下の山口県、京都府、熊本県、新潟県も全体に比べて10ポイント以上の差をつけ、定住率の高い府県としてランクイン。各地域とも、地域おこし協力隊としての活躍がそのまま地域活性に直結していることが示唆される結果となっている。

この調査は平成31年3月末までに任期を終了した全国の地域おこし協力隊員4,848人にアンケートを行ったもので、回答者の男性:女性比率はおよそ6:4、全体の約7割が20〜30代となっている。

参考リンク:地域おこし協力隊の定住状況等に係る調査結果概要(経済レポート専門ニュース)

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

クラダシと長野県松本市が食品ロス削減に向けた連携協定締結 

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシが、長野県松本市と食品

記事を読む

「レモンの島」大崎上島で県立広島大学の学生と高校生がレモン収穫・農家のオリジナルレシピ調理・試食体験

県立広島大学(広島市南区宇品東1-1-71,中村健一理事長兼学長)人間文化学部健康科学科の学生たち

記事を読む

水耕栽培とプランター栽培をマンションで実際にやってみましたレポ[VOL.3]

できるだけ手をかけず、基本的な知識だけで農業気分が楽しめたら… そんな思いからスタートした「

記事を読む

現代日本人はヴィーガンをめざ…さない?!(食生活についての意識調査結果)

ツチカウ編集部では2020年3月、「食生活についての意識調査」を行いました。今回、その結果がまとま

記事を読む

休まず畑耕します 無人ロボットトラクター耕運実験 北海道・更別

北海道更別村と研究者、関係企業で組織する「更別村スマート農業イノベーション協議会」が、無人のロボッ

記事を読む

自然農法とは? “自然”とできるだけ自然に寄り添えば自然に作物は育ちます。

大むかしの農法が自然農法? わたしたちがフツーにスーパーなどで買って食べている野菜。一般的に

記事を読む

農業×AIにより農家を支援する株式会社Happy Quality、静岡大学との共同研究にて高糖度トマトの可販果率向上に成功 匠の農業技術が必要とされる灌水制御もAIがサポート

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培し農家を支援する等、農業支援および青果卸

記事を読む

スマート農業、本格的普及へ(スマート農業市場調査2019)

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場を調査し、市場規模

記事を読む

【クラウドファンディング開始】信州の美味しいマルベリー「桑の実」食べたことありますか?

「マルベリー(桑の実)」という果物をご存知でしょうか?その日本名の通り、蚕(カイコ)の餌となる「桑

記事を読む

植物工場で栽培された安全・安心な野菜をファミリーマートへ導入。その狙いとは?

8月31日にリリースされた内容です。株式会社ファミリーマートと、植物工場事業を行う株式会社バイテッ

記事を読む