お米の味に魅せられてpart.2

公開日: : Humans of 農業

なんで猿供養寺に行ったのかというと、一番は、お米が美味しかったっていう理由であちらにいたんですよ。
元々学生時代に新潟にいたので、それで退職したら新潟に行って、
少し向こうで貢献できたらいいなと思ってはいたんですけどね。

ーーお米はそんなに美味しかったのですか?

凄かったです。ここと違ってもう。全然味が違って美味しかったんですよ。
それで、冷めてからが美味しいんですよ。冷めてからもっちりしててね。
あと、向こうのお米はおにぎりにして圧かけると、また美味しくて。
標高が高いのと、そしてそこは飯山市と尾根伝いで山に近いので、家庭雑排水が入っていないんですよね。
水が冷たいし綺麗っていうことが美味しい理由なんじゃないかと、向こうの方は言うんですよね。
それと後、向こうでは土壌が膝まで入ってしまうんですよね。それも関係があるって向こうの人は言っています。
あと、猿供養寺から出た人が実家に帰ってくると、実家のお米おいしいねっていうんですよ。

ーー 猿供養寺のお米が食べてみたくなりました。笑
お米を食べて衝撃を受けたのは、学生時代ですか?

学生時代は実家から持っていっていたと思います。実家でもお米を作っていましたので。
初めて食べたのは、平成23年に農業やる前に、新潟の方ずっと回っていたんですけど、
たどりついたのが新潟の板倉区で、そこで、
「食べてみて、それから(ここで農業やるか)決めれば」
って言われてね。

ーーそれで食べてみたら?

美味しかったんですよ、それで私もコメ農家なもんで、じゃあ作ってみようかなと思ったんですよね。

(つづく)

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

農業人として生きること part.2

昔、みんな個人の家で手作業で農業をやっていた時代っていうのは、「ゆいっこ」って言って、行ったり来た

記事を読む

こだわりいっぱいの油でみんなと繋がりたい〜たねのわ搾油所さんインタビューpart.3

ーーたねのわさんの油でオススメの食べ方は何ですか?(れんげさん:)菜種油は、サラダ油の代わりに何に

記事を読む

お米の味に魅せられて part.1

今回のHumans of 農業の主役である澤山さん(67歳)は、長野県上田市でお米とネギを育ててい

記事を読む

青みかんとネロリにかける想い〜無農薬栽培を手掛ける山辺果樹園インタビューpart1

長崎県にあるYAMABE KAJUEN(山辺果樹園、以下山辺果樹園)さんでは無農薬の柑橘類を栽培し

記事を読む

私の就農ストーリーpart1 (唐沢農機サービス 井上さん)

祖父母がリンゴ農家だったんですよ。父親は別の仕事をしていました。最初はそちらにも興味があったんです

記事を読む

農業人として生きること part.3

退職してから農業を本格的にやるようになって、価値観は徐々に徐々に変わっていった。急に変わったという

記事を読む

青みかんとネロリにかける想い〜無農薬栽培を手掛ける山辺果樹園インタビューpart2

山辺果樹園インタビュー第二弾では、山辺さんが去年立ち上げた化粧品ブランド、juneroについて詳し

記事を読む

私の就農ストーリーpart3(唐沢農機サービス 井上さん)

オランダから、帰ってきてすぐ自分でイチゴづくりをやろうかなと思っていました。 ゆくゆくは会社として

記事を読む

「地域の担い手として生きる」若手農家 吉田宙斗さんインタビュー

今回のHumans of 農業は、京都府で農業をされている吉田宙斗さんです。25歳という年齢ながら

記事を読む

ワインは生き物〜LES VINS VIVANTS(レヴァンヴィヴァン) インタビュー

長野県東御市でLES VINS VIVANTS (以下レヴァンヴィヴァン)という名でワイナリーを営

記事を読む