スピードスプレーヤーの寿命はどのくらい?メンテナンス方法についてもご紹介します!

公開日: : 農機具の故障

スピードスプレーヤーは、果樹園を経営する農家にとって大切な農機具です。スピードスプレーヤーが壊れると作業に支障が出ますが、スピードスプレーヤーの寿命は一体どれくらいなのでしょうか。スピードスプレーヤーを故障なく使うためには、使用後と日頃のメンテナンスが重要となります。ここでは、スピードスプレーヤーの寿命とメンテナンス方法について解説します。

SS(スピードスプレーヤー)
SS(スピードスプレーヤー)

スピードスプレーヤーの寿命

スピードスプレーヤーは、防除用機具に分類される、大型のタンクのついた薬剤散布用の農機具です。大型の送風機を装備していて、風を起こすことができるので、一度に広範囲に農薬を散布できる上に、高所でも散布が可能です。広い面積でも短時間で薬剤散布ができるので、果樹園農家にとって必需品となっています。スピードスプレーヤーは、大型の農機具で価格も高いので、頻繁に買い替えることはできません。そのため、多くの農家が、できるだけ長く使いたいと考えています。ではスピードスプレーヤーの寿命はどれくらいなのでしょうか。使い方にもよりますが、およそ7年~10年が寿命の目安となっています。

スピードスプレーヤーのメンテナンス方法

果樹園の薬剤散布は、スピードスプレーヤーがない頃は、多くの人出を必要としていました。スピードスプレーヤーが登場すると、薬剤散布の効率は飛躍的に向上しましたが、それでも広い果樹園全体に薬剤を散布するには、かなりの時間がかかります。つまり、スピードスプレーヤーは、薬剤散布の時期には「酷使」される農機具なのです。そのため、スピードスプレーヤーを長く安心して使うためには、使用後と日頃のメンテナンスが重要です。

*使用後のメンテナンス

スピードスプレーヤーは、薬剤散布が終わったら、タンクに残った薬剤を排水バルブから抜かなくてはなりません。一旦薬剤を抜いた上で、タンクに水を入れてかきまぜながら、排水するのを何度か繰り返して、タンク内に残った薬剤をすべて洗い流します。タンク内に薬剤が残っていると、ノズルが詰まる原因になるので、なるべくきれいに洗浄しましょう。特に、スピードスプレーヤーを長期間使わない場合は、何度もタンク内を洗浄することが大切です。また、噴霧ノズルや排水バルブストレーナーも、きれいに水洗いしておきましょう。水洗いしたら、水切れをよくするために、排水バルブと噴霧用バルブは使用しているとき以外開放しておきます。

*日頃のメンテナンス

果樹園の規模や、果樹の種類、地域や気温などによって変わりますが、スピードスプレーヤーを使うのは、1年間でだいたい15回くらいです。(使用頻度は栽培作物により違います)もちろん、使う時期も、1年の間である期間に集中します。スピードスプレーヤーは農機具の中では比較的使う頻度の多い農機具ですので、日頃のメンテナンスを怠ると、いざスピードスプレーヤーを使おうとした際に、使えない事態になりかねないのです。そのため、汚れがたまりやすい箇所などを中心に、日頃からポイントを押さえて、メンテナンスすることが大切です。特にラジエータースクリーンなどは汚れやすいので、定期的に取り外して水洗いすることが大切です。同様に、ストレーナーや噴霧ノズルはゴミなどが詰まりやすいので、使うたびに洗浄しておかないと、次に使うときに目詰まりしてしまいます。

果樹園の薬剤散布がすべて終えたら、翌年使うときのために、ポンプのオイル交換やグリスアップ、動力部に油を差すなどのメンテナンスを、忘れないようにしましょう。翌年のために消耗品は交換しておきますが、できれば整備工場に出して整備するのがベストです。

*なるべく屋内に保管する

スピードスプレーヤーは、なるべく屋内に保管しましょう。といっても、大型の機械なので、屋内に保管するスペースがない場合もあるでしょう。その場合は、屋外であっても、簡易的な屋根を取り付けた場所に保管したいものです。スピードスプレーヤーをそのまま屋外に放置すると、雨風や直射日光などの影響で寿命が短くなってしまいます。また、屋外でシートをかぶせるだけの保管方法では、錆を防ぐことができないためおすすめできません。

まとめ

スピードスプレーヤーは、大型の農機具で価格も高いので、頻繁に買い替えることはできないため、多くの農家ができるだけ長く使いたいと考えています。スピードスプレーヤーの寿命は、約7年~10年といわれていますが、メンテナンスすることにより15年くらい使用することも可能です。スピードスプレーヤーを使用したら、タンク内や噴霧ノズルを洗浄して、ラジエータースクリーンも定期的に水洗いするなど、日頃のメンテナンスを怠らないように心がけましょう。

農機具の買取査定依頼は、全国300店の販売店に買取依頼ができるノウキナビの買取査定サービス(無料)

 お電話でのご相談も受け付けております。(平日:9時〜16時)

 電話番号:tel:0120555071(フリーダイヤル 電話料無料)

 
 

農機具買取査定ブログ

投稿者:農機具買取査定ブログ

関連記事

コンバインの耐用年数をご存じですか?耐用年数について専門家がご紹介!

コンバインは、稲作農家にとって重要な農機具です。秋になると、稲作地帯では田んぼにコンバイン

記事を読む

スピードスプレーヤーの故障でお困りの方へ!対処法や故障防止の方法をご紹介します!

スピードスプレーヤーは、果樹などを栽培する農家にとって必要不可欠な農機具です。スピードスプ

記事を読む

農機具の修理方法や長く使用するためのポイントをご紹介します!

農機具は、農家が農業を行うのになくてはならないものです。昔と違って、現代では農業に携わる人口が減少

記事を読む

コンバインは長く使いたい!正しいメンテナンス方法をご紹介

コンバインは稲作農家にとって、なくてはならない農機具です。秋の収穫時期になると、どこの田んぼでも、

記事を読む

トラクターのエンジンがかかりにくい時はどうすればいい?原因と対処法をご紹介します!

トラクターは、農家にとってなくてはならない農機具なので、万が一故障すると困ったことになります。特に

記事を読む

コンバイン

コンバインの修理代はどれくらいかかるの?専門家が回答します!

コンバインの修理代はどれくらいかかるの?専門家が回答します! コンバインは、稲作農家

記事を読む

コンバイン 刈取部

コンバインの刈り取り部が壊れた!修理について農機具屋が解説します!

コンバインは稲作農家にとって、なくてはならない農機具です。 コンバインがなければ、人手を使

記事を読む

自分で交換してみよう!コンバインのゴムクローラー

コンバインは、稲作農家にとってなくてはならない農機具です。そのため、コンバインが故障すると

記事を読む

コンバインが故障!?お困りの方へ!農機具屋が解説します!

コンバインは、稲作農家にとって重要な農機具です。 コンバイン1台で、稲刈りから脱穀までの

記事を読む

トラクターのよくあるトラブルと部品の修理方法とは?

トラクターは広範囲に田畑を耕せるので、農家にとってなくてはならない農機具です。トラクターは、稲や野

記事を読む