若手農家、イチゴに着目 都市型農業の可能性探る

公開日: : ニュース・新着情報

麻生区内の若手農業従事者2人がイチゴを使った観光農園を目指し、新規でビニールハウスを建設。来春のオープンに向け、準備を進めている。両者は市内や都市部からの集客や農家の就業環境改善といった都市型農業の将来を見据え、施設栽培の導入に踏み切った。

市内のイチゴ農家は一昨年の4軒から昨年は6軒、来年は8軒以上に増える見込み。ハウス栽培は初期投資が必要だが、イチゴ狩りの人気や収穫までの期間が短いといったメリットがある。川崎市農業支援センター関係者は「都市部は消費者が近く、観光農園へのニーズを感じている若手農家は多い」と話す。

将来に向けた視点

約10年の会社員生活を経て、実家の農業を継いだ安藤圭太さん(32)=片平在住=も今季からイチゴに取り組む一人。横浜市と隣接する区内早野の耕作放棄地を借り受け、約1500平方メートルのビニールハウスを建てた。「農業の拡大を考え、一定規模でのイチゴ栽培に着目した」と安藤さん。数千万円の初期投資が必要だったが「農家と消費者を身近にできるのが都市農業の魅力。顔の見える果物や野菜を提供する場として、都心のニーズは高いと感じている」と話す。

岡上の山田貢さん(37)は農業の効率化を目指し、麻生区内の情報技術企業(株)ルートレック・ネットワークスと共同で鶴川駅から数分の土地にハウス1棟を建てた。ここではAI技術を活用した栽培データの収集を行い、農家の働き方を改善させる研究も進めている。山田さんは「天候に左右されない方法で農家の就業環境を向上させたい。働く時間をコントロールすることで農業にも働き方改革の考えを盛り込み、地域の雇用も生み出したい」と話す。

両者とも通常のイチゴ栽培よりも1カ月ほど遅れているというが、来春に向け、作業に取り組んでいる。

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

第1回「ジャパン・サステナブルシーフード・アワード」ファイナリスト&チャンピオン決定!

2019年11月7日~8日に行われた​「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)201

記事を読む

病害虫に悩まされない自然農薬の作り方

映画「風の谷のナウシカ」は、森や虫たちと、人間同士の攻防を描いた作品です。人間は文明勃興のために腐

記事を読む

150年続く養蚕農家の6代目、芦澤洋平さんにインタビュー

農家といっても米から野菜、果樹や花きなど実に様々ですが、今回ご紹介する芦澤洋平さんは、山梨県富士川

記事を読む

3分でわかる!食料・農業・農村白書

2020年6月、食料・農業・農村白書が閣議決定されました。国会に提出された全文は約500ページ、概

記事を読む

新時代の農業は常識破りで面白い?“ミライ農業”の種類とメリットを考察

農業は、職人や芸術家の世界により近く、成長産業としては未だ開花以前の業種かもしれません。AI

記事を読む

田んぼやハウスの栽培管理をスマホで…シンプルで実用的なスマート農機「farmo」がスゴい

次世代の農業界を担う?!との名目で颯爽と登場した感のある「スマート農業」という語。スマホアプリやA

記事を読む

JRみどりの窓口が農地に変わる!?

以前の記事でご紹介したドイツ生まれの農業系スタートアップ企業、インファームですが、先月ついに日本に

記事を読む

大都市での需要拡大!? 次世代型インドア農業に注目

インドア農業は、野菜を屋外ではなく屋内施設で栽培する農業方法です。温度調節された屋内施設で、

記事を読む

おうち時間に家庭菜園を始めよう!初心者におすすめの野菜と必要なグッズ

おうち時間の増加や、健康に対する意識の高まりから、いま「家庭菜園」に注目が集まっています。採れたて

記事を読む

【好きな時間・場所で】草刈機に特化したオンライン展示会に参加してみよう!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の恩田です。 新型コロナウイルスの影響により、未だに企業

記事を読む