休まず畑耕します 無人ロボットトラクター耕運実験 北海道・更別

公開日: : ニュース・新着情報, 地方×農業

北海道更別村と研究者、関係企業で組織する「更別村スマート農業イノベーション協議会」が、無人のロボットトラクターにプラウ(土壌を耕起する農具)を取り付けた耕運実験を村内の畑地で公開した。大規模畑作の作業効率化や省力化が期待される取り組みで、農業者ら約130人が見学した。

内閣府の「近未来技術等社会実装事業」の一環で、実験には帯広畜産大の佐藤禎稔教授(大規模農業機械学)らが開発した自動反転プラウを活用。直進する無人トラクターが畑地の端で旋回する際、プラウも自動的に向きを反転させ、耕起を継続できるシステムで、20アールの実験用地を約40分で耕した。

トラクターはタブレット端末で操作し、人が近づくと感知して自動停止する安全機能も装備。先月19日に説明した佐藤教授は「課題はあるが、実用化は近いと考えている」と話した。

同協議会は8月、ドローン(小型無人機)の自動航行で、畑に農薬などを散布する実証実験も実施。関係者は「こうした公開実証テストを通じて、畑作の効率化を証明できれば」と期待した。【鈴木斉】

後部にプラウを取り付け、公開実験で耕運作業を行う無人トラクター=北海道更別村で2019年11月19日、鈴木斉撮影

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

台風19号被害、北信濃の農業復興へ 飯綱でプロジェクト始動 /長野

江原宏晃さん(左)の花卉農園のブランディング_20191206の相談に応じる山岸直輝さん=長野県飯

記事を読む

農業メディア「ツチカウ」が公式LINEアカウントを開設

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農業情報メディア「

記事を読む

【まとめ】新型コロナの影響を受けている農業者が利用可能な助成金

新型コロナによる需要の激減や人材不足など、大きな打撃を受けている生産者も多いのではないかと思います

記事を読む

農業メディア TSUCHIKAU (ツチカウ)2020年12月人気記事特集!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 2021年が明けて、早いもので3週間になり

記事を読む

兼業就農に特化した学校「チバニアン兼業農学校」が千葉県睦沢町に2022年1月開校!

兼業就農に特化した学校「チバニアン兼業農学校」が、2022年1月、千葉県睦沢町に開校される。

記事を読む

産直ECサイト12社の中で4つのNo.1を獲得。「食べチョク」が消費者・生産者の双方に選ばれる理由とは?

産直ECサイトの「食べチョク」をみなさんご存知でしょうか?ツチカウでも生産者・消費者双方の目線から

記事を読む

水耕栽培とプランター栽培をマンションで実際にやってみましたレポ[VOL.2]

人生初となる青しその水耕栽培と、東向きで強風に煽られるという、決して好条件ではないマンションのベラ

記事を読む

来たるべき秋冬シーズンに向けて備えておきたいこと[ハーブ収穫・後編]

ハーブ栽培もそろそろ一年の終わりを迎え、冬に向かって対策を始めるころとなりました。晩秋から初

記事を読む

「スマート農業」語り合う 茅野でサロン

茅野市文化芸術推進事業「ちのを編む―みんなのサロン」(同事業実行委員会主催)が14日、同市のJR茅

記事を読む

準絶滅危惧種「ニホンイシガメ」の人工孵化に成功!

ひと昔前であれば、田畑や里山でよくみかけた「ニホンイシガメ」も、今や絶滅の危機にさらされ、貴重な存

記事を読む