休まず畑耕します 無人ロボットトラクター耕運実験 北海道・更別

公開日: : ニュース・新着情報, 地方×農業

北海道更別村と研究者、関係企業で組織する「更別村スマート農業イノベーション協議会」が、無人のロボットトラクターにプラウ(土壌を耕起する農具)を取り付けた耕運実験を村内の畑地で公開した。大規模畑作の作業効率化や省力化が期待される取り組みで、農業者ら約130人が見学した。

内閣府の「近未来技術等社会実装事業」の一環で、実験には帯広畜産大の佐藤禎稔教授(大規模農業機械学)らが開発した自動反転プラウを活用。直進する無人トラクターが畑地の端で旋回する際、プラウも自動的に向きを反転させ、耕起を継続できるシステムで、20アールの実験用地を約40分で耕した。

トラクターはタブレット端末で操作し、人が近づくと感知して自動停止する安全機能も装備。先月19日に説明した佐藤教授は「課題はあるが、実用化は近いと考えている」と話した。

同協議会は8月、ドローン(小型無人機)の自動航行で、畑に農薬などを散布する実証実験も実施。関係者は「こうした公開実証テストを通じて、畑作の効率化を証明できれば」と期待した。【鈴木斉】

後部にプラウを取り付け、公開実験で耕運作業を行う無人トラクター=北海道更別村で2019年11月19日、鈴木斉撮影

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

稲作農家への調査結果から、今年は新米シーズンが早まると予想!

株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市)が運営する、全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつ

記事を読む

豊かさをデザインする!?パーマカルチャーから考える農業とライフスタイル

みなさん、いまのご自身の生活を振り返って、「ロスしてるな...」と思うことはありませんか。つい買っ

記事を読む

「レモンの島」大崎上島で県立広島大学の学生と高校生がレモン収穫・農家のオリジナルレシピ調理・試食体験

県立広島大学(広島市南区宇品東1-1-71,中村健一理事長兼学長)人間文化学部健康科学科の学生たち

記事を読む

農業振興地域とは?農振除外ってなに?

こんにちは、ツチカウ編集部の谷口です。皆さんは『農業振興地域』という制度をご存知でしょうか。

記事を読む

意識調査の自由意見分析|農家と関心層の“理想と現実”が浮き彫りに

2020年3月に実施した「農家および農業関心層の意識調査」において、自由回答のテキスト分析結果がま

記事を読む

農家直伝!野菜を直売所へ出荷するノウハウ教えます

家庭菜園がだんだんと本格的になり、野菜が上手く作れるようになってくると、「これ、もしかしたら直売所

記事を読む

肥育牛の起立困難事故をIT技術で解決!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 肥育後期において牛が横になった状態から起き

記事を読む

【栽培法いろいろ Part.1】 コンパニオン・プランツ。寄り添えば幸あり💛だが!💔

栽培法はいろいろあるね。 野菜など作物の育て方はさまざまです。一般的な方法が“慣行(

記事を読む

唐沢農機×商船三井×KiliMOL、アフリカケニアへ「田植えの機械化」を輸出

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役社長:唐澤 健之)は、株式会社商船三井(

記事を読む

【サングラスで紫外線から農家さんを守る!】 L.A.発のサングラス「goodr」で、快適且つおしゃれな農作業

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の恩田です。 春になり、日中の日の光が眩しい季節となって

記事を読む