「レモンの島」大崎上島で県立広島大学の学生と高校生がレモン収穫・農家のオリジナルレシピ調理・試食体験

県立広島大学(広島市南区宇品東1-1-71,中村健一理事長兼学長)人間文化学部健康科学科の学生たち12名は1月11日,「レモンの島」と呼ばれる大崎上島町の海辺にある岩﨑農園で,広島県立大崎海星高校(同町中野)の生徒12名とレモンの収穫応援を行いました。

大崎上島の岩﨑農園で県立広島大の学生と大崎海星高校の生徒たちがペアでレモン収穫応援

「レモンの島」大崎上島でレモン収穫応援

 国産レモンは広島県の名産で,秋~冬が旬。品質が良いため人気は高く,県内外で高値で取引されています。収穫はトゲのある枝を避けながらの手作業で常に人手不足です。そこで大学生と高校生がペアで一組になり,ハサミで一つずつ慎重に収穫をお手伝いしました。実は青いレモンの方が香りがよいそうで,「若いものの香りが良いのはレモンも人も一緒」という農園の岩﨑亜紀さんの言葉に一同爆笑。海風に吹かれながら大量のレモンを収穫しました。

収穫したレモンは大豊作

大崎海星高校でオリジナルレシピを調理・試食

 その後,大崎海星高校で,岩崎農園のオリジナルレシピによるレモン料理を試作。コロッケにパスタ,パウンドケーキにレモンスカッシュという献立でした。果汁を絞りパスタソースとし,皮は刻んで茹でこぼし,自家製ピールにしてからコロッケの具にするなど,余すことなくレモンを活用。爽やかな香りの楽しめるメニューに舌鼓を打ちました。

男子学生たちも調理に積極参加

大崎上島と県立大の「ご縁」

 健康科学科の学生有志が,レモンを通じて地域貢献を考える「レモン組」という活動を平成28年度から続けています。大崎上島と県立広島大学の「ご縁」は,クラウドファンディングを活用して,学生たちが考案したレモンレシピを掲載したパンフレットを作成し,県民の皆様にお配りしました。クラウドファンディングを通じ,応援して下さった方々へのリターン(お礼)のレモンは,大崎上島の5軒の農家で収穫をお手伝いし,お礼に頂いたレモンでした。

 今回は収穫のお手伝いに加え,レモン農家での日ごろのレモン料理の調理方法を学びました。学生たちは今後の新たなレシピづくりに役立てていきたいと考えています。

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

農業×AIにより農家を支援する株式会社Happy Quality、静岡大学との共同研究にて高糖度トマトの可販果率向上に成功 匠の農業技術が必要とされる灌水制御もAIがサポート

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培し農家を支援する等、農業支援および青果卸

記事を読む

北海道産アスパラガスのお披露目イベント、1月22日にPatia西新橋店にて開催

株式会社AgriInnovationDesign(本社:東京都中央区、代表取締役:脇坂真吏)は、ま

記事を読む

新型コロナの影響による農業の人手不足に農林水産省が補助、就農支援

農林水産省が、新型コロナウイルス感染拡大の影響による農業の人手不足を解消するため、観光業を含む多様

記事を読む

スマート農業、本格的普及へ(スマート農業市場調査2019)

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場を調査し、市場規模

記事を読む

農家が新型コロナからサバイブする方法を調べてみた

世界規模の新型コロナウイルス感染症に関する政府・団体・企業等の対応とその影響が、無視できないレベル

記事を読む

「スマート農業」語り合う 茅野でサロン

茅野市文化芸術推進事業「ちのを編む―みんなのサロン」(同事業実行委員会主催)が14日、同市のJR茅

記事を読む

稲作農家への調査結果から、今年は新米シーズンが早まると予想!

株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市)が運営する、全国の農家や漁師などの生産者と消費

記事を読む

ブドウ好きが推す「ナガノパープル」 見かけたら絶対買うべき理由とは

秋の果物が美味しい季節がやってきました。林檎に梨にブドウ・・・魅力的なフルーツはたくさんありますが

記事を読む

これからの農家のあり方を考える〜半農半宿の暮らし〜

お茶といえば静岡が有名ですが、実は鹿児島県南九州市は、市町村別でその生産量日本一を誇る、知る

記事を読む

クリスマスだから見直したい「食」

今週の一大イベントといえば、やはり年に一度のクリスマスでしょうか。クリスマスに関しては各家庭や地域

記事を読む