「ソーラーフードドライヤー」と「ソーラーシェアリングで採れたサツマイモ」が当たるキャンペーンが開催!

公開日: : ニュース・新着情報

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。

2020年11月16日から、スマホで買える太陽光発電所 「CHANGE(チェンジ)」を提供する株式会社チェンジ・ザ・ワールド(本 社:山形県酒田市 代表取締役:池田友喜)は、ダンボール製「ソーラーフードドライヤ ー」および「ソーラーシェアリングで採れたサツマイモ」が当たる【太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン】を開始しています。

株式会社チェンジ・ザ・ワールド公式ホームページ

「ソーラーフードドライヤー」と「ソーラーシェアリング」とは

みなさんは「ソーラーフードドライヤー」「ソーラーシェアリング」をご存じでしょうか。

「ソーラーフードドライヤー」と「ソーラーシェアリング」について簡単に説明します。

ソーラーフードドライヤーとは

「ソーラーフードドライヤー」とは、ご家庭で簡単にドライフードが作れるツールです。

ソーラーフードドライヤー
ソーラーフードドライヤー|画像提供:株式会社チェンジ・ザ・ワールド

ソーラーフードドライヤーの特徴

ソーラーフードドライヤーで野菜を乾燥させることで、野菜本来のうまみや甘味が濃縮されるだけでなく、水分が減り、カルシウムや鉄分など栄養価も凝縮されます。また、水分が抜けているので、加熱時間が短くなり、調理時間の短縮にもなります。

ソーラーシェアリングとは

ソーラーシェアリング
ソーラーシェアリング |画像提供:株式会社チェンジ・ザ・ワールド

ソーラーシェアリングとは、農地の上に太陽光パネルを設置して、農業を続けながら太陽光発電も一緒に行うことです。
農業と太陽光パネルとで、太陽光(ソーラー)を共有(シェア)する手法のため、この名称がつけられています。

一時的な農地転用をすることにより、地目は「農地」のままで太陽光発電事業も行える仕組みになっています。

ソーラーシェアリングの特徴

「ソーラーシェアリング」を行うことで、耕作放棄地を再び農地へと再生させることができます。

耕作放棄地とは、以前農地であったものの、過去1年以上作物が栽培されず今後も耕作する予定のない土地のことを指します。
令和2年4月農林水産省「荒廃農地の現状と対策について」によると「耕作放棄地(主観ベース)の⾯積は平成27年には42万3千ha」となっており、農業の⽣産基盤が⼀層ぜい弱化することが危惧されています。

ソーラーシェアリング自体は放棄されていない耕作地でもできますが、株式会社チェンジ・ザ・ワールドでは、社会的価値を重視しており、【耕作放棄地のみ】を選んでソーラーシェアリングを実施しています。

参考:令和2年4月農林水産省「荒廃農地の現状と対策について」
https://www.maff.go.jp/j/nousin/tikei/houkiti/Genzyo/PDF/Genzyo_0204.pdf

また、農業と太陽光発電の両方で収入を得ることができるようになり、農業経営の安定化につながることも期待されています。

さらに、通常の太陽光発電所とソーラーシェアリングの発電所には大きな違いがあります。それは「高さ」です。

通常の太陽光パネルは地上から約60cm~100cmの高さで建設されます。一方、ソーラーシェアリングの場合は、パネルの下で農業を行わなければならないので、トラクターが入れるように地上から約2.5m~3mの高さで設計します。

※情報提供:株式会社チェンジ・ザ・ワールド

スマホで買える太陽光発電所 「CHANGE」とは

「CHANGE(チェンジ)」は、太陽光発電投資を通してエネルギー問題と農業の再生を同時に解決するサービスです。

いつでも、どこでも、誰でも、スマホひとつで 1 ワット=約 250 円から太陽光発電所のオーナーになることができ、投資をしながら再生可能エネルギーの普及に貢献できます。

また、株式会社チェンジ・ザ・ワールドの太陽光発電所は、農地の上に太陽光パネルを設置し農業と並行して太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」方式を採用しています。「CHANGE(チェンジ)」の利用が、同時に農地の活用や耕作放棄地対策などにもつながります。 

【太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン】とは

ソーラーフードドライヤー
段ボール製のソーラーフードドライヤー|画像提供:株式会社チェンジ・ザ・ワールド

より多くの方々に「CHANGE(チェンジ)」の取り組みや「ソーラーシェアリング方式」の太陽光発電について身近に感じてもらうために、ご家庭で簡単にドライフードが作れる段ボール製の「ソーラーフードドライヤー」と、株式会社チェンジ・ザ・ワールドの太陽光パネルの下で育ったサツマイモのセットが抽選で当たる【太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン】が開催されます。 

今回当たる「ソーラーフードドライヤー」は、環境に配慮したFSC認証ダンボールを採用する株式会社出羽紙器製作所と株式会社チェンジ・ザ・ワールドが共同開発した完全オリジナル製品です。

株式会社出羽紙器製作所ホームページ

※ SFC (Forest Stewardship Council(R)、森林管理協議会)とは、森林の管理や伐採が、環境や地 域社会に配慮して行われているかを評価する、国際機関のことです。世界の森林保護の観点のもと、森林の伐採から全て の加工製造・流通経路において、材料が適切に管理されていることを承認された製品にのみ、FSC®トレードマークを適用することができます。SFC認証製品を使うことで、世界の森林保全を応援できます。 

「ソーラーフードドライヤー」は、太陽の力で内蔵のソーラーファンを回転させます。ファンが回ることで、太陽の熱で蒸発した湿気を含んだ空気が外へ出るため、食べ物を効率よく乾燥させることができます。乾燥させることによって、野菜本来の旨みや栄養を凝縮することができます。

「ソーラーフードドライヤー」で乾燥させた野菜は、野菜が苦手なお子さんのおやつや、余った食材の再利用などにぴったりです。

一緒に当たるサツマイモで、干し芋づくりを楽しむこともできます。 

【太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン】申込み方法

【太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン】の概要、申し込み方法は下記の通りです。

キャンペーン概要

WEB からの応募で、合計 25 名様に当社オリジナル商品「ソーラーフードドライヤー」&ソーラーシェアリン グで採れたサツマイモのセットをプレゼント。 

応募方法

特設ページよりエントリーボタンをクリック後、必要事項を記入の上ご応募ください。

キャンペーン特設ページ

※アカウントをお持ちでない方は、「CHANGE(チェンジ)」への新規会員登録(無料)が必要です。

応募期間

2020 年 11 月 16 日(月)〜12 月 6 日(日)23 時 59 分 

本件に関するお問い合わせ

株式会社チェンジ・ザ・ワールド 

PR 担当 伊藤文恵 

TEL:0234-43-6301 

e-mail:ito-f@ctws.jp

 
 

t.wakabayashi

投稿者:t.wakabayashi

ノウキナビ営業の若林です。 ノウキナビでは、インターネットを活用した農機具の新しい流通をつくることで、世界の農業を一歩先へ進めることを目指しています。

関連記事

『NEXT Local Gastronomy』 ローカルガストロノミーを体験する3日間 ~発酵文化の最先端の街・湯沢で食の未来を考える~

日本各地の大学生が主体となり「食の未来」を考えるイベントが開催されます。料理・食文化・農業・テクノ

記事を読む

バーチャルで就農体験?!注目のVR農業5選

ご存じの通り、新型コロナウイルスの感染拡大により、各地のイベントや催しが中止・延期を余儀なくされて

記事を読む

農業を始めたい人必見!スマート農業が農業の衰退に歯止めをかける?

日本の農業は今、人手不足などの深刻な問題に直面しており、そしてそれは日本の未来に暗い影を落としてい

記事を読む

絵馬のように願いを掛けられる桃「願掛桃EMA」が面白い

フルーツの販売デザインを手掛けるRucci Fruits Design Studio(有限会社バイ

記事を読む

農業に役立つ!お天気アプリ「ウェザーニュース」で27時間先まで雨雲予測を可能に

夏は農家の皆さんにとって繁忙期ともいえる絶好のシーズンですが、一方でゲリラ豪雨や台風など、天気が急

記事を読む

アグリイノベーション大学校

アグリイノベーション大学校とは?農業を始めたい人必見のオンライン特別体験会を開催!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 「農業を始めたい!」 「農業のことを

記事を読む

1日単位で農作業のお手伝いが可能?単発バイトサービス「AIagri.(アイアグリ)」とは

農作業においての人手不足は、これまでツチカウでも取り上げてきました。外国人実習生を招くことは、慢性

記事を読む

第1回「ジャパン・サステナブルシーフード・アワード」ファイナリスト&チャンピオン決定!

2019年11月7日~8日に行われた​「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)201

記事を読む

3つの農業協同組合とともに開発・運営する農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」を全国で提供開始

株式会社AGRI SMILE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中道 貴也、以下AGRI

記事を読む

農業メディア「ツチカウ」、情報発信したい農業従事者の募集開始

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農業情報メディア「

記事を読む