地域支援型農業を応用した循環の仕組みを構築するためのワークショップの開催【株式会社 4Nature】

公開日: : ニュース・新着情報

サトウキビストローの販売・回収・堆肥化や都市部での堆肥の活用方法を模索するコミュニティコンポストの企画・運営、ファーマーズマーケットの企画・運営などをおこなう株式会社4Natureは、2021年3月から2農家2拠点でスタートした、CSA(Community Supported Agriculture:地域支援型農業)の仕組みを活用した都市での堆肥循環の仕組み「CSAループ(仮)」を構築する過程で、地域コミュニティに関わるより多くの人たちとの相互理解を深め、1つのプラットフォームを作り上げていくためのワークショップ「共創会議」を開催していくことを発表しました。

CSAループとは

画像参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000061317.html

CSAループとは、消費者が特定の生産者から前もって農産物を購入するシステムのことを指す地域支援型農業(CSA)の考え方を応用したものです。野菜と堆肥の資源循環をおこなうと同時に、その資源循環に地域での人的な交流も伴いながら1つの循環(ループ)をつくっていく仕組みです。

消費者が年間分の野菜の代金を作付の段階で前払いすることで農家は売り上げの見通しが立てやすくなり、経営の支援が可能になります。顔が見える関係になるので消費者は安心して農作物を受け取ることができ、また消費者と農家が直接コミュニケーションをとる機会を設けることで相互に助け合う関係性が生まれていきます。

CSAループの会員になると、そうした関係性の構築に加え、会員である消費者は家庭で使いきれない堆肥を農家へ預けることができます。農家がそれを農業で使用できる品質へと仕上げ、野菜の生産時に活用します。従来都市部で課題となってきた生ごみ削減の課題を解決する方法の1つとして、生ごみから出来上がる堆肥を必要なところへ回していくことで、持続的な農業を促進します。また、こうした循環によって人と人との繋がりを育むことも可能になります。

なお、CSAの基本となる野菜の受け取りはカフェなどの飲食店、ファーマーズマーケットなどでおこないます。この仕組みを通して、堆肥の生産者であり野菜の消費者である会員、堆肥を有効活用し野菜を生産する農家、その野菜や堆肥の受け渡しがおこなわれるカフェやファーマーズマーケットなどのピックアップ拠点など、関わってくる様々な人と人とのコミュニケーションを円滑にし、それによって生み出される有機的な関係性を最大化するためのプラットフォームを目指していくとのことです。

CSAループの詳細についてはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000061317.html

共創会議への参加方法・詳細

画像参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000061317.html

共創会議では、消費者や農家といったそれぞれの立場における意見を参考にし、CSAループの可能性を模索しながら、より良い地域コミュニティの構築のための仕組みづくりを話し合う場です。毎月1回を目安に開催していく予定です。場所は、畑を訪問することもあれば、カフェなどでおこなうこともあります。

申し込みリンクはこちらから:https://bit.ly/37kdQGq

参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000061317.html

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

農業と行政の関係とは〜前長野県農政林務委員会 委員長 石和大さんインタビュー

民間の企業や農家・農業法人さんたちは、それぞれの役割を全うして農業の未来を支えるために、仕事に果敢

記事を読む

意識調査の自由意見分析|農家と関心層の“理想と現実”が浮き彫りに

2020年3月に実施した「農家および農業関心層の意識調査」において、自由回答のテキスト分析結果がま

記事を読む

おうちでできる水耕栽培。簡単?虫が湧く?土耕栽培との違いは?

おうち時間のお供に、手軽に野菜を育てられる、水耕栽培はいかがでしょう?水耕栽培はインテリアとしても

記事を読む

アート×食の新体験!木に実るスイーツの収穫、花咲くテーブルなど初登場

FLOWERS BY NAKED 製作委員会は、2020年1月30日(木)〜3月1日(日)の期間、

記事を読む

独断と偏見で選んだ農家さんのtwitterアカウント・農神7(のうかみセブン)!

何かと便利で手軽に投稿できるSNS、twitter。ツチカウ編集部もツイッターアカウント(http

記事を読む

1日単位で農作業のお手伝いが可能?単発バイトサービス「AIagri.(アイアグリ)」とは

農作業においての人手不足は、これまでツチカウでも取り上げてきました。外国人実習生を招くことは、慢性

記事を読む

植物工場で栽培された安全・安心な野菜をファミリーマートへ導入。その狙いとは?

8月31日にリリースされた内容です。株式会社ファミリーマートと、植物工場事業を行う株式会社バイテッ

記事を読む

唐沢農機×商船三井×KiliMOL、アフリカケニアへ「田植えの機械化」を輸出

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役社長:唐澤 健之)は、株式会社商船

記事を読む

世界唯一?の二人乗りトラクター【 日の本トラクターJF-1 】の実像に迫る!

農業機械と言えば、なんといってもトラクター。トラクターは一人乗りが当たり前だが、かつて日本には世界

記事を読む

農家の補助金・支援制度の周知に課題見える(農家・農業関心者の実態・意識調査結果)

ツチカウ編集部では2020年3月、「農家・農業に関する調査」を行いました。今回、その結果がまとまり

記事を読む