耕運機と管理機どっちが便利?ノウキナビスタッフに聞いたおすすめ耕運機・管理機もご紹介します!

みなさんこんにちは!広報担当の都竹です。

ひょんなことから始めたプランター栽培から家庭菜園にどっぷりはまりお庭に畑を開墾したい!レンタル菜園を借りたい!と考える方も多いようです。
畑の規模が大きくなると育てる野菜の種類も増え、より家庭菜園が楽しくなってきますよね!
その反面、畑が広くなる分、鍬などを使用しての手作業の耕運ではなかなか作業効率が悪いし体力的にもきついというような問題が発生してきます。

そこで必要になるのが、耕運機や管理機!
耕運機や管理機と聞くと

と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、農作物の生育や品質は、土の良し悪しが大きく影響するため、農業の生産性と持続性を高めていくにも耕運機や管理機を使用して畑の土を適切に維持・管理していくことが重要となります!

今回のブログでは、耕運機や管理機の購入を迷っている方に向けて、そもそも耕運機と管理機どちらが便利なのかなどについてお話させて頂きます。

目次

耕運機と管理機の違い

まずは、管理機と耕運機の違いについてお話致します。

■耕運機
名前から大体の使用用途は想像ができるかと思いますが、耕運機はその名の通り主に田畑けをたがやす時に使用する農機具です。
クワなどを使った手作業だとどうしてもムラができてしまいますが、耕運機を使えば、誰でも簡単に均一な用土に仕上げることができます。

■管理機
管理機とは土の管理をする農機具になります。必要なアタッチメントを装着することで、様々な作業を行うことができ、農作業全般で活躍します!
通常の耕運機と比べると管理機はサイズが小さく小回りがききやすいです。

【管理機でできること】
・畝立て
・中耕
・ 除草
・マルチ作業

耕運機と管理機の違いは、アタッチメントの装着で多用途に使用できるかどうかになります。「耕運」がメインとなる耕運機に対し、管理機は畑を管理するための様々なアタッチメントが揃っており幅広い用途に使用することができます。
しかし、最近ではアタッチメントの交換ができる耕運機や「ミニ耕運機」という管理機と同じ機能を持っている商品も出ているため、昔と比べ耕運機と管理機であまり大きな違いはなくなってきているようです。

耕運機・管理機の種類

①車軸ロータリー式耕運機
耕運機・管理機の中でももっとも一般的なのはこの「車軸ロータリー式耕運機」。
駆動用の車輪はなく、車軸にロータリーが直結されているタイプになります。
操作が容易であることや小型で軽量な点がメリットです。
車輪がないため移動が不便な点は人によってはデメリットに感じるかもしれません。

②フロントロータリータイプ
こちらのタイプは、前にロータリーがついているので、足が巻き込まれる危険性が低く、初心者でも安全に使用できます。また、畑の隅までロータリーが届く点や、ロータリーを軽く持ち上げられるので方向転換や旋回がしやすいということもメリットです。
しかし、構造上、エンジン部の重量をロータリーにに乗せられないため、土への食い込みが若干弱いのがデメリットです。

③リアロータリータイプ
こちらは、後ろにロータリーを配置したオーソドックスな種類です。
車輪と駆動部が前面にあるため、直進性に優れています。
エンジン部の重量を生かしてロータリーが土にしっかり食い込み、深く安定して耕せることがメリットです。
しかし、ロータリーが作用者の足元に近いため足が巻きこまれる可能性が高いので操作には注意が必要です。

管理機と耕運機どっちがおすすめ?

管理機と耕運機についてお話させて頂きましたが、結局のところ管理機と耕運機どちらが便利なのでしょうか?
簡単に説明すると使用目的が「畑を耕す」だけという人は耕運機を。
耕運作業以外にも農作業全般に使用したいなら管理機を。
しかし、先ほどもお話しました通り、現在では管理機と耕運機でそこまで違いがない商品もあります。
購入する際には、畑の規模や、その機械で今後どのような作業をしたいのかを考慮して選ぶことが重要です。
自分はどの耕運機・管理機を購入すべきなのか分からないという方は、まずはノウキナビスタッフにご相談ください!
お客様にピッタリの商品をご案内させて頂きます!

ノウキナビスタッフに聞いた!おすすめ耕運機・管理機!

日頃からたくさんの農家さんとお話し、それぞれの農家さんに合った商品をご案内しているノウキナビコミュニケーションセンタースタッフにおすすめの耕運機・管理機を聞いてみました!
ぜひ、参考にしてみてください!

おすすめ ①
三菱 ミニ耕運機 MMR600AUN

【商品のポイント】
・550mm耕幅で効率バツグン
・押すのもらくらくスイスイ進む!
・らくらく操作で使いやすくて 仕事が早い!
・プロにもおすすめ!土揚げ・うね立てから畑の管理作業まで
・便利なU仕様 うね立てから土揚げ・中耕除草まで
100坪ほどの大きめの畑でも使用できます!
本格的な培土器がなくても、尾輪ステーを下げるだけで簡単に簡易畝立ても。
家庭菜園を楽しまれる方からプロ農家さんまで幅広くおすすめできる商品です!

商品の購入はこちらから

おすすめ ②
オーレック 小型管理機 AR604

YouTube動画

【商品のポイント】
・フロント・ロータリー式。足元にロータリーがないので安全
・リア式に比べて畑の隅や端を耕しやすい
・ローター(別売り)が豊富。多彩なシーンで活用できる
・ジャガイモ・タマネギ・ニンジン・長ネギなどの耕運作業はエースローター1台で完結
・家庭菜園を始めた方・50坪~100坪の畑をお持ちの方に最適。
フロント・ロータリー式のため足元にロータリーがないので安全です。
リア式管理機の様にバックしなくても畑の隅や端を耕せるので、作業性も◎
プロ農家から家庭菜園ユーザーまで使用できるオススメの1台です。
価格が他の管理機よりもお安いのも嬉しいポイントです!

商品の購入はこちらから

おすすめ ③
デイトナ ミニ耕運機 DC2S

【商品のポイント】
・サスペンション付きで深く耕運できる
・耕運後はふかふかの土になる
・女性でも扱いやすい
・オプションの装着で畝立てもできる
サスペンション機能がついているため、同じ馬力体と比べよりも耕運力があります!
ミニ耕運機のデメリットである、もっと深く耕したいのにあまりに深く耕せない問題。
あのバイクで有名なデイトナがバイクや車に使用されているサスペンションを初めて耕運機に搭載し、ミニ耕運機のデメリットを解消しました。

商品の購入はこちらから

ノウキナビでは、インターネットで農業機械を多数販売しております!
商品についてのお問い合わせは下記よりお願い致します。

HP https://www.noukinavi.com/

☎︎ 0120-555-071
✉️ info@noukinavi.com

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

広報担当の都竹です。
ノウキナビの魅力をたくさん発信していきます!

目次