スマート農業、本格的普及へ(スマート農業市場調査2019)

公開日: : ニュース・新着情報, 農業のヒント

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場を調査し、市場規模、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用や、ドローンを利用した農薬散布サービスが普及拡大の兆しを見せている。

スマート農業国内市場規模推移と予測

1.市場概況

2018年度のスマート農業の国内市場規模は141億2,100万円で、2019年度は158億7,400万円を見込む。2017~2018年度は農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューションなどの栽培支援ソリューションが牽引し、2019年度以降は、ドローンを利用した農薬散布ソリューションが拡大するとみる。

スマート農業は、従来からの農業技術と情報通信技術を連携させることで、更なる生産の効率化や農作物の高付加価値化を目指すものである。農林水産省の農林水産業・地域の活力創造プランでは、「異業種連携による他業種に蓄積された技術・知見の活用、ロボット技術やICTを活用したスマート農業の推進、新たな品種や技術の開発・普及、知的財産の総合的な活用、生産・流通システムの高度化等により、農業にイノベーションを起こす」としている。

2.注目トピック

農業用ドローンを利用したソリューションが拡大

農業用ドローンの規制緩和については、農林水産省も後押した結果、急速に利用は拡大している。農林水産省ではドローンによる農薬散布面積を、2022年までには100万haに拡大する目標を掲げている。また農薬散布以外にも肥料散布や播種などをドローンで行うことも目標にしている。

今後、ドローンによる農薬散布を2019年以降本格普及し、肥料散布・播種等を2020年以降の普及すると見られる。また、ドローンによるセンシングは2019年から実証試験を展開され、本格的な普及は2020年以降になると見られる。

3.将来展望

スマート農業の国内市場規模は2025年度には442億円まで拡大すると予測する。

今後は、農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用や、4機体制となる準天頂衛星システムが契機となり、精密農業や農業用ドローンソリューション(ドローンを利用した農薬散布サービス、圃場センシング等)が拡大するほか、販売支援ソリューションや経営支援ソリューション、農機の無人運転を実現するシステムが登場すると見られることから、市場全体を牽引すると考える。

調査要綱
1.調査期間: 2019年7月~9月
2.調査対象: スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用

<スマート農業市場とは>

本調査におけるスマート農業とは従来からの農業技術と情報通信技術を連携させることで、更なる生産の効率化や農作物の高付加価値化を目指すものであり、農業の生産から販売まで情報通信技術を活用した、高い農業生産やコスト削減、食の安全性や労働の安全等を実現するものである。対象分野は①栽培支援ソリューション、②販売支援ソリューション、③経営支援ソリューション、④精密農業、⑤農業用ドローンソリューション、⑥農業用ロボットである。なお、国内市場を対象とし、事業者売上高ベースで算出した。市場規模には、農業向けPOSシステム、農機・ドローンなどのハードウェアは含まれていない。

<市場に含まれる商品・サービス>

対象分野は①栽培支援ソリューション(農業クラウド、複合環境制御装置、畜産向け生産支援ソリューション)、②販売支援ソリューション(農作物の販売先(食品関連事業者・JA)の業務をICTで軽減するシステム、気象データなどを利用した販売支援サービス、等)、③経営支援ソリューション(農業向け会計ソフト、農業法人向け会計支援サービス、気象データなどを利用した経営支援サービス、等)、④精密農業(GPSガイダンスシステム、自動操舵、車両型ロボットシステム(農機の無人運転機を実現するシステム)、衛星情報を活用したシステム、等)、⑤農業用ドローン ソリューション(ドローンを利用した農薬散布サービス、モニタリングサービス、等(ドローンのハードウェアは含まない))、⑥農業用ロボット(設備型ロボット(接ぎ木ロボット等)、マニピュレータ型ロボット(収穫ロボット等)、アシスト型ロボット(パワーアシストスーツ等))である。

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

水耕栽培とプランター栽培をマンションで実際にやってみましたレポ[VOL.3]

できるだけ手をかけず、基本的な知識だけで農業気分が楽しめたら… そんな思いからスタートした「

記事を読む

簡単!美味しい!おしゃれ!家庭菜園でこれから栽培すべきは二十日大根

平年に増して暑い日が多い印象の2020年の夏。家庭菜園をしている皆さんの中には、トマトやキュウリな

記事を読む

絵馬のように願いを掛けられる桃「願掛桃EMA」が面白い

フルーツの販売デザインを手掛けるRucci Fruits Design Studio(有限会社バイ

記事を読む

植物工場で栽培された安全・安心な野菜をファミリーマートへ導入。その狙いとは?

8月31日にリリースされた内容です。株式会社ファミリーマートと、植物工場事業を行う株式会社バイテッ

記事を読む

世界農業遺産っていったい何?

「世界農業遺産」という言葉、みなさまご存知でしょうか?実は先日、世界農業遺産の登録に向けて、日本政

記事を読む

種蒔きシーズン到来! 読んですぐ分かる「春菊」の育て方【マリーゴールドに似てる!?】

やわらかな苦みのある独特の香りと味で知られる「春菊」は、冬には鍋ものの具材として欠かせない定番の野

記事を読む

【サステイナブルな昆虫食】原料に蚕を使用したスナックの販売が開始

蚕を原料に使用した食品「SILKFOOD(シルクフード)」を開発しているエリー株式会社が、自社EC

記事を読む

農業業界の救世主!農業特化型人材派遣会社、エイブリッジの魅力とは?

人手不足?もう心配は要りません!農業といえば「人手不足」という言葉が思わず頭をよぎるくらい、人材確

記事を読む

クリスマスだから見直したい「食」

今週の一大イベントといえば、やはり年に一度のクリスマスでしょうか。クリスマスに関しては各家庭や地域

記事を読む

150年続く養蚕農家の6代目、芦澤洋平さんにインタビュー

農家といっても米から野菜、果樹や花きなど実に様々ですが、今回ご紹介する芦澤洋平さんは、山梨県富士川

記事を読む