「スマート農業」語り合う 茅野でサロン

公開日: : ニュース・新着情報, 地方×農業

茅野市文化芸術推進事業「ちのを編む―みんなのサロン」(同事業実行委員会主催)が14日、同市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で開かれた。今回は第4弾で、「農業とITを掛け合わせるとどうなる?」をテーマに開催。近年話題になっているロボット技術やICT(情報通信技術)を活用した「スマート農業」について語り合った。
公立諏訪東京理科大学の渡邊康之教授とシステムエンジニアの石井啓介さん、米農家の小松平治郎さん、花き農家の鈴木紘平さんが、それぞれの取り組みについて話し、話題を提供した。
渡邊教授は、農業先進国のオランダと日本との違い、諏訪の産業の歴史的背景などを振り返りつつ、令和時代の諏訪で可能な農業とITを結び付ける農業支援技術(アグリケアエレクトロニクス)の可能性について語った。「『何がない』ではなく『何がある』かを考えるのが大切」とし、電気を使って光をつくり野菜を栽培する現在の植物工場とは逆の発想で、野菜を作りながら光から電気をつくる「発電する農業用ハウス」について説明した。
話題提供の後は、少人数グループに分かれて意見交換。スマート農業に関するアイデアなどを出し合い、農業へのIT技術活用の可能性を探った。

スマート農業などの可能性について考えたサロン

 
 

Yui

投稿者:takato

関連記事

乳牛の放牧を「ドローン」と「AI」が助ける!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 突然ですが、牧場の風景を思い浮かべてみてく

記事を読む

農林水産省「若手農業者向けアンケート」の結果を読み解いてみた

農林水産省では、49歳以下の若手農業者における現状や将来に向けた考えを把握するため、平成29(20

記事を読む

太陽光発電で有機農業の運営を支援「有機農業支援型ソーラーシェアリング事業」とは?

電気の生産者がわかる「顔の見える電力™」など今までにない電力サービスの開発に取り組んでいるみんな電

記事を読む

クリスマスだから見直したい「食」

今週の一大イベントといえば、やはり年に一度のクリスマスでしょうか。クリスマスに関しては各家庭や地域

記事を読む

新規就農者は何を作ればいい?〜我が家が白ネギを選んだ理由〜

我が家は10年前に非農家から新規就農し、白ネギをメインに栽培している露地野菜農家です。これから就農

記事を読む

これからの農家のあり方を考える〜半農半宿の暮らし〜

お茶といえば静岡が有名ですが、実は鹿児島県南九州市は、市町村別でその生産量日本一を誇る、知る

記事を読む

ほうれん草カレーでフードロス解消!?〜廃棄野菜の活用〜

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 カレーに入っている野菜と言えば何を思い浮か

記事を読む

病害虫に悩まされない自然農薬の作り方

映画「風の谷のナウシカ」は、森や虫たちと、人間同士の攻防を描いた作品です。人間は文明勃興のために腐

記事を読む

時代の潮流に乗り遅れるな!巣ごもり消費に対応【ネット販売】

今回ご紹介するのはminne(ミンネ)というネット販売サービスです。新型コロナの影響によって売り先

記事を読む

クラダシと長野県松本市が食品ロス削減に向けた連携協定締結 

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシが、長野県松本市と食品

記事を読む