クラウドファンディングによる農業プロジェクトの成功率を調べてみた

公開日: : ニュース・新着情報

インターネットを通じて個人ができるプロジェクト支援の仕組みとして、クラウドファンディングが脚光を浴びていますね。(以前取り上げたクラウドファンディングについての詳細はこちら)農業分野でも実に様々なクラウドファンディングのプロジェクトが立ち上げられており、実際に資金調達に成功した例も多数あります。

一般的に、国内でのクラウドファンディングの成功率は30%と言われています。では実際に農業分野でのクラウドファンディングはどの程度成功しているのでしょうか?

クラウドファンディングの実績が多数ある2つのサイトで、その成功率を検証してみました。これから農業分野で、独自性のある商品やサービス展開をお考えの方は、資金調達の手段としてクラウドファンディングを選択肢に入れてみても良いと思います。

検証方法

今回は、至って単純な方法で検証することにしました。

  • 主要なクラウドファンディングのプラットフォームで「農業」関連プロジェクトを検索
  • それぞれの目標達成(成功)状況をカウント
  • 全体の件数を分母に、成功件数を分子にとって割合を計算

今回は主要な国内のプラットフォームとして、MakuakeとCAMPFIREを取り上げました。過去および現在進行中(2020年5月8日時点)のプロジェクトを対象に、「農業」でヒットした案件の成功率を調査しました。

Makuakeで検証してみた

Makuakeで「農業」を検索すると、437件のプロジェクトがヒットしました。金額的な達成%は高いものも低いものもありますが、この中で成功したプロジェクトの数をカウントしていきます。

全部で30ページをくまなく見てみました。
金額達成率は1%程度から、大幅達成したプロジェクトでは数千%に達するものもあり、非常に様々でしたが、なんとなく古いプロジェクトよりも最近のプロジェクトの方が達成状況が良いような傾向が見受けられました。

過去の知見などから達成しやすくなっているのか、クラウドファンディングの参加者が相対的に増えているためなのか、いずれにしても今後クラウドファンディングに取り組む人にとっては良い傾向ではないかと思います。

カウント結果は、成功プロジェクト数=277件

成功率は277÷437=63.4%という結果!一般的に言われている数字よりもかなり高い成功率と言えそうです。

CAMPFIREで検証してみた

クラウドファンディングのプラットフォームとしては最大手の感もあるCAMPFIREではどうでしょうか?同じように「農業」で検索したところ、なんとその数763件。こ、これは調査するのも大変そうだ…(汗)

過去のプロジェクトについては、ステータスが「SUCCESS」つまり目標金額達成となったものがカウント対象です。地道に数えていったところ、下記の結果になりました。

カウント結果…成功プロジェクト数=291件

成功率は291÷763=38.1%という結果。これは一般的なクラウドファンディングの成功率と言われている数値に近い結果でした。

プラットフォームによる成功率の違いはなぜ?

これについてしばらく考えてみましたが、プラットフォームの違いでなぜここまでプロジェクト成功率に違いが出るのかは、正直分かりませんでした。

一つの仮説としては、MakuakeとCAMPFIREでは利用者層に違いがある、つまりあくまでも目標金額達成という現実的な目的にコミットするプロジェクトを打ち出す人が多いのか少ないのか、といったユーザーの性格の違いなのではないかというところが観点なのですが、なんともこのあたりは分かりかねるところです。

総評

Makuake、CAMPFIREの成功率を総合すると、

プロジェクト総数=437+763=1,200件

成功プロジェクト数=277+291=568件

プロジェクト成功率=568÷1,200=47.3%

という結果になりました。世の中のクラウドファンディングによる農業関連プロジェクトの半数弱は成功している、と言い換えても良さそうです。

この結果を高いと見るか低いと見るかは個人の考え方になりますが、案外、資金調達の手段として農業に関するクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げる!というのは現実的な選択肢になりうるという感覚を持ちました。

どうでしょう、これまで尻込みしていた方も、この機会にクラウドファンディングに挑戦してみては?

実際になにかのプロジェクトを応援する「支援者」として参加してみると、そのプロジェクトがどのような形で進捗し、リターン等に関する知見も得られると思います。興味のある方は、そのあたりからトライしてみるのが良さそうですよ。

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

茨城県つくば市でAIを活用した農業ロボットに関する共創プロジェクトがスタート!

AIを活用した自動収穫ロボットの開発企業が、茨城県つくば市の「つくば市未来共創プロジェクト」に採択

記事を読む

スマート農業、本格的普及へ(スマート農業市場調査2019)

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場を調査し、市場規模

記事を読む

農家さん必見!ベトナム人労働者に定着してもらうために必要なこととは?

少子高齢化によって人手不足が進む日本。農業分野も人手不足、担い手不足が問題となっていますね。

記事を読む

農業女子とホテルがコラボ 女性農家を訪ねて、「思い」伝えたい! 黒田庄和牛、ジビエ、但農どり、キヌヒカリなどスター食材が大集結!【五国“冬”フェア】

関連URL:https://www.l-s.jp/event/2960/ ホテル ラ・スイート神戸

記事を読む

狭いベランダでも簡単に「有機果樹」が育てられる「SoBiC果樹システム-Mini」とは?

ネイチャーダイン株式会社(本社所在地:東京都文京区 代表取締役社長 中島 啓一、以下:ND社)は、

記事を読む

若手農家、イチゴに着目 都市型農業の可能性探る

麻生区内の若手農業従事者2人がイチゴを使った観光農園を目指し、新規でビニールハウスを建設。来春のオ

記事を読む

新規就農者は何を作ればいい?〜我が家が白ネギを選んだ理由〜

我が家は10年前に非農家から新規就農し、白ネギをメインに栽培している露地野菜農家です。これから就農

記事を読む

第1回「ジャパン・サステナブルシーフード・アワード」ファイナリスト&チャンピオン決定!

2019年11月7日~8日に行われた​「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)201

記事を読む

大都市での需要拡大!? 次世代型インドア農業に注目

インドア農業は、野菜を屋外ではなく屋内施設で栽培する農業方法です。温度調節された屋内施設で、

記事を読む

農業メディア「ツチカウ」、情報発信したい農業従事者の募集開始

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農業情報メディア「

記事を読む