新サービス「産直tabeloop(たべるーぷ)」コロナ禍で影響を受ける対象商品を送料無料で販売開始

公開日: : ニュース・新着情報, 食×農業

食品ロス削減プラットフォーム「tabeloop(たべるーぷ)」運営のバリュードライバーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐治 祐二郎)は、新たに姉妹サービスとしてBtoC向けの通販特設サイト「産直tabeloop(たべるーぷ)」をリリースしました。コロナ禍の影響によって日本各地の生産地で余剰となった肉、魚、野菜、果物などを送料無料で販売いたします。

送料無料になることで、現地での購入金額と同等の料金で商品を購入することができ、且つ、産直のため生産者への直接の支援につながります。

背景

今年、全世界を襲った新型コロナウイルスの影響は日本国内のサービス業のみならず、一次生産者にも多大なる影響を及ぼすこととなりました。飲食店等の休業に伴い、行き場を失った一次生産品は余剰在庫となり、消費期限切れ等のため廃棄処分に回るというケースも少なくありません。

今回、このような事態を受け、農林水産省の補助事業を活用し、現地からの送料負担がなく、日本国内の一次生産者の皆様を応援することができる特設サイト「産直tabeloop」を立ち上げるに至りました。

本サービスでは、消費者が送料を負担する必要がなく、現地での販売価格で購入することができ、且つ一次生産者を応援することができます。

農林水産省が行うインターネット販売促進支援事業の支援事業実施者として販売いたします。本事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響に受ける農林水産物等を取り扱う事業者の「在庫の滞留解消」、「価格水準の回復」に寄与することを目的としています。

産直tabeloop(たべるーぷ)とは

産直たべるーぷでは、日本の生産者の応援をしています。
https://sanchoku.tabeloop.me
美味しくて安全な国産の一次生産品を、ご家庭の食卓に産地直送でお届けします。通常商品とともにワケあり品もご紹介することで生産者の新たな販路づくりに貢献します。
生産者の登録や商品掲載に費用は一切かかりません。

産直tabeloopにて送料無料で掲載可能な品目について

  1. 和牛肉
  2. 野菜・果物(メロン、マンゴー、いちご、さくらんぼ、大葉、わさび、たけのこ)
  3. 水産物(クロマグロ、南マグロ、キハダマグロ、メバチマグロ、ビンチョウマグロ、ブリ、ハマチ、カンパチ、ヒラマサ、フグ、真鯛、カジキ、カツオ、アジ、サワラ、イワシ、イカ、カレイ、タイ、メヌケ、サケ・マス、エビ、カニ、アナゴ、スズキ、タコ、ハモ、ヒラメ、ホッケ、ウニ、アユ、貝、海藻、ホタテ貝、うなぎ)※原材料の50%以上を左記水産物とする加工品も含む
  4. 茶(茶の木の葉から製造したちゃ。ティーバッグ、粉末の抹茶なども含む)
  5. 花き(切り花、鉢物、花壇用苗もの、花木類、芝類、球根類、地被植物類)※観賞用以外のものは対象外
  6. ジビエ(鹿肉、イノシシ肉の冷蔵、冷凍、スライス、カット品)※原材料の50%以上を左記水産物とする加工品も含む
  7. そば(そば粉を主原料とする生そば、そば粉)※乾麺、ゆでそば、蒸しそばは含みません

【掲載商品例】

伊勢志摩産まだい生ハム

北海道産いちご

松坂牛サーロインステーキ

tabeloop(たべるーぷ)とは

tabeloop(たべるーぷ)は、産地で発生した味は問題ないが形が不揃い、傷がついているなどの理由で市場に流通されないワケあり野菜や果物、魚などの一次生産品、包装が汚れている加工食品、賞味期限の問題で食品スーパーなどの店頭にならばない食品などのワケあり品などを流通させるBtoBおよびBtoC向けの会員制プラットフォームです。
https://tabeloop.me 

売り手は、各地域の生産者、食品メーカー、食品卸売業、小売業などの事業者など。買い手は、飲食店、お弁当、惣菜を扱う中食、こども食堂、学生寮などの食堂、学園祭、地域のお祭りなど食品の使用量の多い企業・団体や一般消費者を対象としています。

掲載にかかる費用は初期費用、月額費用ともに無料で、商品が売れた際に初めて手数料を頂戴しております。また、売り上げの一部はFAO(国際食糧農業機関)などの団体に寄付しております。

2018年6月にサービスをリリースし、現在1万人を超えるユーザーが利用する、お得に商品を購入できると共に社会課題である食品ロスの削減に楽しく貢献できるサービスです。

農林水産省が行う支援事業とは

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、在庫の滞留や売上げの減少などが顕著な食材の販売促進を支援するため、対象品目の送料を補助する事業。
バリュードライバーズ株式会社は、農林水産省の令和2年度 国産農林水産物等販売促進緊急対策事業として展開される、品目横断的販売促進緊急対策事業におけるインターネット販売推進事業の事業者として採択されています。(https://www.ec-hanbai-suishin.jp/

まとめ

利用者にとっては産地直送品が楽しめ、生産者にとっては販路開拓の活路になるサービスがスタート。非常に興味深いニュースですね。

生産者の登録や商品掲載に費用は一切かからないので、ご興味のある方は下記からお問い合わせください!

 問い合わせフォームURL:https://sanchoku.tabeloop.me/contact
 担当:伊藤(イトウ)

この機会にぜひ、日本の一次生産品の良さを再認識し、一次生産者の皆様を応援しましょう!

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

「スマート農業」語り合う 茅野でサロン

茅野市文化芸術推進事業「ちのを編む―みんなのサロン」(同事業実行委員会主催)が14日、同市のJR茅

記事を読む

新型コロナの影響による農業の人手不足に農林水産省が補助、就農支援

農林水産省が、新型コロナウイルス感染拡大の影響による農業の人手不足を解消するため、観光業を含む多様

記事を読む

世界が驚いた「代替肉」!アメリカ大手2社の比較で見えてきた今後の市場動向

皆さんは「代替肉」をご存知ですか?代替肉とは、豆類など植物性の原料を使用して作られた、肉に代わる食

記事を読む

環境問題解決に向けて一歩踏み出そう「木のストロー」普及活動が再スタート!

ストローをプラスティック製から紙のものにするのか、しないのか。昨年の飲食業界で話題になり、メディア

記事を読む

【クラウドファンディング開始】信州の美味しいマルベリー「桑の実」食べたことありますか?

「マルベリー(桑の実)」という果物をご存知でしょうか?その日本名の通り、蚕(カイコ)の餌となる「桑

記事を読む

長野県でボランティア活動が再開 台風で被害を受けた農家を支援

信州農業再生復興ボランティアプロジェクトが、活動を再開しました。 引用元:信州農業再生復興ボ

記事を読む

「遺伝子組換え技術」は誰がため?食品表示の裏側とメリット・デメリット

21世紀以降、大豆製品などの食品表示で広く知られるようになった遺伝子組換え技術。「食べても安

記事を読む

第1回「ジャパン・サステナブルシーフード・アワード」ファイナリスト&チャンピオン決定!

2019年11月7日~8日に行われた​「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)201

記事を読む

農業×AIにより農家を支援する株式会社Happy Quality、静岡大学との共同研究にて高糖度トマトの可販果率向上に成功 匠の農業技術が必要とされる灌水制御もAIがサポート

農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培し農家を支援する等、農業支援および青果卸

記事を読む

タネが食の未来を握る? 「タネの図書館」について浜松シードバンク・シードカフェさんに聞いてみた!

昨年12月に種苗法の改正が可決され、農に関わる人には今何かと気になるタネの話。しかしそれは、私たち

記事を読む