バーチャルで就農体験?!注目のVR農業5選

公開日: : ニュース・新着情報, 農業のヒント

ご存じの通り、新型コロナウイルスの感染拡大により、各地のイベントや催しが中止・延期を余儀なくされています。テレワークが一般的なワークスタイルになりつつあり、会議や集まりをオンラインで行うケースも増えてきました。

農業に携わる農家さんは、一般的に土や作物と向き合う時間が長く、「三密」な状況下に置かれることも少ないので、農作業に直接的な影響があるとは言えません。

しかし、これから新規就農、週末農業、家庭菜園などをやっていきたい人にとっては、「誰かに教わりに行く」という行動が制約を受ける場合もあるでしょう。各地で就農体験イベントなども盛んにおこなわれていましたが、昨今の事情から機会が少なくなった…という体感を覚える人も少なくないのではないでしょうか。

そんな方々のために、VR技術を用いた「バーチャル就農体験」ができるサイトを集めてみました。農業に関する夢をかなえるべく、コロナ禍を乗り切るためにはチェックしておいて損はありませんよ!

Rakuten Ragri

楽天農業株式会社が手掛ける、「農作業(栽培プロセス)」に課金する農産物沿革栽培サービス です。

顔の見える農家さんと二人三脚で、オーガニック野菜など、こだわりの野菜を栽培することができます。スマホを通じて現地の畑の様子が確認でき、農家さんと直接コミュニケーションを取ることも可能。栽培した野菜は、新鮮な状態で農家さんから直送お届けしてもらえます。

ユーザーは好きな農家さんを選んで、種をまいてから収穫まで、野菜の成長を一緒に見ることができます。成長過程を一緒に見れるから野菜にも愛着がわきますよね。

いわゆるサブスク型の課金システムなので、ユーザーは安心の料金で、農家さんは定額収入を得られるという、ビジネスモデルとしての安定性もあるサービスです。

Smart3tene

Smart3tene(スマート・ミテネ)は、AIの機械学習を仮想空間で行う農業AI専用のシミュレーターです。仮想空間に農園を再現する、これぞまさしくVR農業と言えますね。

3DCGで表現された仮想空間には、樹木や果実、野菜などが生成され、全天候型のバーチャル農園が高精細に再現されます。

植物は、実際の観察で得られたアルゴリズムによって生成され、GAN等の機械学習を活用したテクスチャ、モデル、学習用画像も生成されるそうです。季節や天候、時間の設定などにより、現実世界では得難い膨大な数の育成データを再現するとのこと。かなり自然・農業にこだわった作りになっているようです。

キャラクターがいて、親しみやすいサイトになっていますね。

農業・農村VR体験コンテンツ

こちらは農林水産省から。農業・農村についての理解を深めるため、VR体験コンテンツを作成し、いつでもどこでも簡単に農業・農村のVR体験ができるようにしているそうです。農林水産省ってこんな仕事もしているんですね。

各コンテンツのリンク先(農林水産省 公式 YouTubeチャンネル等)にアクセス して、農業・農村のVRを体験することができます。

現在公開されるコンテンツは下記の通りです。

  • 【VR動画】田んぼの生きもの探検~力だめし編~
  • 【VR動画】そらからダムを見てみよう!!
  • 【フライトシミュレーション】宇宙の端からダムを通って食卓まで!!
  • 【VRツアー】ぼくらはロックフィルダム探検隊!!
  • 【VRツアー】田んぼの生きもの調査隊!!
  • 【VR動画】”自動運転”田植機に乗ってみよう!!
  • 【VR動画】田んぼの水はどこからやってくる?

詳しくは農林水産省の農業・農村VR体験コンテンツからご覧ください。

農フェス|クボタ バーチャル展示会2020

農機具メーカーのクボタが運営するバーチャル展示会です。トラクターやコンバイン、田植機、耕運機などなど…農業には欠かすことのできない各種農機具をVR体験できるほか、最新のスマート農業に関するコンテンツや、営農情報・相談コーナーなども用意されています。

就農をこれから考えている方には、農機具ってこんなに種類があるのか…!と驚かれるかもしれません。けれど長く相棒として付き合っていくことになる農機具について、知識を培うことは非常に大切なこと。これほどの種類の農機具が一堂に会する機会も、バーチャル展示会ならではと言えるでしょう。

バーチャルマスカット狩り(岡木農園)

長野の老舗農家である「岡木農園」が、オンラインでのシャインマスカット狩りの募集を8月18日より開始しています。

自宅にいながら、おいしい食べ方やブドウの豆知識などを楽しく学ぶことができ、オンラインでのシャインマスカット狩りが体験できます。ご自身で選んだ最高級のシャインマスカットはその日のうちに配送され、採れたて新鮮な状態でお召し上がりいただけます!

実施内容は以下の通りです。

実施予定日:2020年9月26日(9:00~12:00)
プログラム:オンライン会議を利用したマスカット狩り体験
(シャインマスカット2房付き)
募集URL https://okakifarm.stores.jp/

岡木農園は、長野県北信地方の須坂市で大正時代より3代続く農家です。現在はブドウの栽培のみを行っており、東京・銀座のデパート、ホテル等様々な場所で取り扱われているそうです。

そのブドウの品質は高く評価されており、1998年の長野冬季オリンピックの際は、世界各国の要人をお招きし、真冬のブドウ狩りを開催した経緯もあるそうです。

今回はオンラインでの収穫体験という、従来の枠を超えた発想でチャレンジする元気な農園さんです。気になる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、VR農業を体験できるサイト・コンテンツを5種類、紹介させていただきました。

新型コロナウイルスの影響のみならず、自宅で手軽に農業に関わることができるという近未来的な体験は、今後もいっそう浸透していく可能性があります。これを機に農業の魅力に触れ、楽しみながらその世界観を味わうというスタイルも、スタンダードなものになっていくかもしれませんね。

 
 

s.yamamoto

投稿者:s.yamamoto

関連記事

自然派ワインに見られるビオ・ロジック、ビオ・ディナミとはどんな農法なのか?

最近ワインを探していると「自然派ワイン」という言葉を聞くことが、多くなったのではないでしょうか?

記事を読む

独断と偏見で選んだ農家さんのtwitterアカウント・農神7(のうかみセブン)!

何かと便利で手軽に投稿できるSNS、twitter。ツチカウ編集部もツイッターアカウント(http

記事を読む

失敗しない育て方!ハーブが好む環境について

ハーブを上手に育てるためのヒント 香高くおしゃれ、料理やセルフケアにも使えるハーブは、ガーデ

記事を読む

ちょっと待って!捨てる前に、その野菜再利用しませんか?

野菜を調理したその後に出てくる根っこ、ヘタなど…、普段は捨ててしまうこの部分を使って、もう一度野菜

記事を読む

農家さん必見!ベトナム人労働者に定着してもらうために必要なこととは?

少子高齢化によって人手不足が進む日本。農業分野も人手不足、担い手不足が問題となっていますね。

記事を読む

土用の丑の日。一体何の日?

昨日(2020年7月21日)は土用の丑の日でしたがみなさんはうなぎを食べましたでしょうか?今年はニ

記事を読む

はじめてのトラクター選び。 まずは最適な馬力を選びましょう!

作業機(アタッチメント)を変えることで様々な作業に使用することが出来るトラクター。何を耕作するかで

記事を読む

作物は種から育てるか、苗から育てるか?

「野菜やハーブを育ててみたい!」そう思ってホームセンターを覗いてみると、さまざまな種類の種や

記事を読む

新規就農者・農家必見!面倒な農作業後のデスクワークが楽になる3つのツールを紹介します!

農家にとって、デスクワークってやらなきゃいけないけどなるべくやりたくない、、、そんな仕事ではありま

記事を読む

【初心者向き】「ベビーリーフ栽培」で厳しい夏を乗り越えよう!【ベランダで簡単に育ちます】

猛暑日が続く厳しい夏、涼しいはずの室内にいても熱中症になってしまう方が多く、こまめな水分補給が欠か

記事を読む