農業経営に使いたい!おすすめアプリ・ツールをご紹介

公開日: : 農業のヒント

最近では、農業日誌や生産管理ができるような農家向けアプリが多数リリースされています。世の中には、農家向けではなくても農業経営に役立つアプリが様々ありますので、厳選してご紹介します。

アプリ・ツールを導入して農家の仕事を効率化!

農業では、農繁期や閑散期があり、毎月同じように農業経営に充てる時間の確保は難しいもの。販路開拓や新規作物に挑戦したいけど十分な時間の確保ができず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?各管理の効率化・適正化ができるアプリ・ツールの導入は、少しでも時間を作るために重要なアクションです。

また、農業経営に使うアプリ・ツールを選ぶ時のポイントは、「欲しい機能が全て備わったオールインワンのもの」を選ぶことです。例えば、同じ経理業務でも請求書発行と記帳のアプリが違うと、返って効率が悪くなってしまいます。

それでは早速アプリ・ツールをご紹介していきましょう。
※料金体系は全て税別表示です。

経理全般「クラウド会計ソフトfreee」

日々の経理も確定申告もまとめて効率化できる会計ソフトfreee。JAやスーパー等の取引先を登録しておくことで、販路毎の会計データをまとめることができます。記帳の際にAIが自動で仕分けしてくれるので、手入力の手間がほとんどかかりません。また、レシートを画像で読み込ませて、経費を自動申請することもできます。
個人事業主向けや法人向けプランがあるので、経営体に合せて導入されてみてください。

《料金体系》
・スターター(記帳だけ済ませたい方):1,180円/月
・スタンダード(農業向け決算書まで作りたい方):2,380円/月
https://www.freee.co.jp/industry/agriculture/

勤怠管理「RecoRu」

クラウド型勤怠管理システムのRecoRu(レコル)は、低コストでスタッフ一人一人に合せた勤怠管理ができます。スマートフォンから打刻できるので、自宅から圃場へ直接向かうことが多い農家さんにはおすすめの勤怠管理アプリです。

《料金体系》
・初期費用、運用・サポート費用:無料
・月額費用:100円/1人 ※最低利用料3,000円
https://www.recoru.in/

スケジュール管理「Googleカレンダー」

Googleカレンダーとは、Gアカウントをもっていれば誰でも無料で使うことができるwebカレンダーです。チーム内でスケジュールの共有・管理が簡単に行えます。実際に導入した農家さんからは、「スタッフ内でスケジュールを共有すると、空き時間が明確になって予定が組みやすくなった」とお聞きしました。他にも、販売先別や作物別でスケジュールの背景色を変えて分かりやすくする等、アレンジした使い方をされてみてはいかがでしょうか?

《料金体系》
・スタンダード15GB:無料
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-calendar/gmbgaklkmjakoegficnlkhebmhkjfich?hl=ja

データや書類の管理「Googleドライブ」

Googleドライブもカレンダーと同様に、Gアカウントをもっていれば誰でも使用できるアプリです。クラウド上に保存したファイルを共有・同時編集・自動保存することができ、パソコンやスマートフォン等、どのデバイスにも対応しています。リアルタイムで最新のデータをチーム内で共有するようなシーンに最適です。

《料金体系》
・スタンダード15GB:無料
・ビジネスプランG Suite 30GB:680円/月
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

販売管理「Airレジ」

iPhoneまたはiPadとネット環境、レシートプリンターがあると使い始められる販売管理アプリAirレジ。各種キャッシュレス決済や軽減税率にも対応しているので、会計ミスがなくなり、レジ閉めの時間も短縮できます。また、冒頭でご紹介した会計freeeと連携させることで日々の売上データが自動で帳簿に記録され、時間削減にも繋がります。

《料金体系》
最低限必要な周辺機器が揃っていれば、サービス利用料は無料です。
https://airregi.jp/

受付管理「Airウェイト」

Airレジの姉妹サービスAirウェイトは、受付や順番待ちを管理できるシステムです。大手飲食チェーンや旅行会社の受付窓口にも設置され、人の手を使わずに自動で順番待ち管理ができます。観光農園や直売所など、農産物の販売場所を自社で運営されている農家さんにおすすめです。

《料金体系》
・体験(発券機能のみ):無料
・ベーシックプラン:10,000円/月
https://airregi.jp/wait/

観光農園の集客・予約管理「アクティビティボード」

最後にご紹介するのは、じゃらんnetの遊び・体験予約サービスと完全連携したアクティビティボードです。収穫体験や観光農園を運営されている農家さんの集客や予約管理をサポートします。農園に合せた体験プランを自由に設定・販売できるだけでなく、24時間ネット受付が可能になるので、これまで電話予約に取られていた時間を削減することができます。

《料金体系》
・登録料:無料
・利用手数料:予約があったプランの体験料の15%
https://activityboard.jp/

 
 

池田夏子

投稿者:natsuko

関連記事

生ゴミを堆肥化させるコンポストの作り方と使い方

生ごみを堆肥化させるコンポストの作り方と使い方|メリット・デメリットも必見

“生ごみ”を“生きた資源”と捉える見方は、循環型社会の形成において核を成すものです。 そこに

記事を読む

スマート農業、本格的普及へ(スマート農業市場調査2019)

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場を調査し、市場規模

記事を読む

農協(JA)に納める?農産物を販売して高い利益を得る3つの方法とは

農家が出荷用の農産物を出荷する先として多く利用されている農協(JA)。出荷先という機能に限らず、農

記事を読む

カッコイイ!海外製トラクター3選

農業従事者・農家のお供として、最もメジャーな農機具と言えば、トラクターではないでしょうか。

記事を読む

次世代の農業人材を培う「日本農業技術検定」とは?

農業の知識や技術の習得水準を客観的に測定する「日本農業技術検定」の活用が進んでいるようです。入試で

記事を読む

農業はついにここまできた!都市型農業の代表格infarm(インファーム)がすごい 

みなさんが野菜を購入する上で求めることって何でしょうか?新鮮なものを、なるべく早く?美味しいものを

記事を読む

新型コロナでお困りの農家必見!ネットで農産物を販売するには?

緊急事態宣言は解除されましたが、第二波、第三波がいつ来るかわからない状況であり、依然として新型コロ

記事を読む

農学部出身の僕が「農薬は必要」と教わった理由

ツチカウ編集部の山本です。少し個人的な話をしますが、私はとある大学の農学部出身です。農学といっても

記事を読む

AIと最先端アグリテックで家畜飼料の自家配合と循環型モデルを構築、コーンテックが2020年から本格化めざす

熊本に本社を構え、養豚プラントの設計施工・コンサルティングを手がけるコーンテックは、畜産現場に A

記事を読む

サタケの籾摺り機を徹底研究!~オフシーズンの点検とトラブル対応マニュアル。

お米農家の方が、秋シーズンにトラブルが多いのが、1にコンバイン、2に籾摺り機です。今回は籾摺り機の

記事を読む