好きな野菜ランキング 堂々1位の「たまねぎ」の魅力とは?

公開日: : 農業のヒント

こんにちは。ツチカウ編集部の恩田 さつきです。

野菜の種子の開発・生産・販売等を行っている「タキイ種苗株式会社」が、全国の20歳以上の男女600人を対象にしたアンケート調査を行いました。

「好きな野菜」として「たまねぎ」が首位を飾ったことはご存じでしたか?

好きな野菜 「たまねぎ」初の1位獲得

アンケート調査(農業関連従事者、食料/飲料(酒類除く)の卸売・小売業従事者除く)によると、2009年の調査開始から11年連続1位だった「トマト」が、今年は初めて4位(72.2%)となり、代わって「たまねぎ」が初の1位(74%)という結果です。

アンケートによると、「好きな野菜」にたまねぎを挙げた理由として、「おいしいから」という意見に次いで、「料理がしやすいから」という意見が多かったということです。

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅時間が増加した人が多く見られます。それに伴い、自炊頻度が増加した傾向も見られます。

料理で使いやすい野菜や、保存がきく野菜が好まれていることが、 ランキング結果に反映されたのではないでしょうか。

出典:タキイ種苗 2020年度 野菜と家庭菜園に関する調査

たまねぎを食べて免疫力アップ

人気のたまねぎ。免疫力を上げて風邪予防をするために、注目すべき存在です。

たまねぎには「硫化アリル」という成分が含まれています。硫化アリルには、殺菌作用や免疫力を高める働きがあります。

また、ビタミンB1の吸収を促進する作用があります。ビタミンB1を多く含む豚肉やレバー、豆類などと一緒に食べると、より疲労回復効果が高まります。

出典:管理栄養士がたまねぎパワーをひもとく!

自宅で栽培 ホーム玉ねぎ

たまねぎには気軽に家庭菜園ができる品種があることをご存知ですか?

「ホーム玉ねぎ」という品種は、小さなタネ球(玉ねぎの球根)をプランターに植え付けて栽培することができます。そのため、農業初心者の方も簡単に栽培することができます。

また、一般のたまねぎは、栽培から収穫まで約1年かかると言われていますが、ホーム玉ねぎは約3ヶ月と、栽培期間が短いことが特長です。

ツチカウでは、ホーム玉ねぎの育て方や、栽培のコツ・注意するポイントについて詳しく取り上げています。ぜひ、参考にしてみてください。

https://www.tsuchikau.com/tsuchikau_cpi/how-to-grow-homeonion-20200803/

たまねぎで体も心も免疫力アップ

たまねぎは、様々な料理に用いることができ、食卓に欠かせない存在です。

また、免疫力アップに効果的な成分が含まれているため、風邪予防に有効です。

ぜひ趣味の1つとして、ホーム玉ねぎの栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 
 

onda

投稿者:onda

関連記事

農協(JA)に納める?農産物を販売して高い利益を得る3つの方法とは

農家が出荷用の農産物を出荷する先として多く利用されている農協(JA)。出荷先という機能に限らず、農

記事を読む

梨農家のピンチヒッター!~SSでの消毒作業を代行しました。

農機具販売店に勤務する記者は、梨農家のお客様からこんな相談を受けました。「こんど目の手術をするんだ

記事を読む

次世代の農業人材を培う「日本農業技術検定」とは?

農業の知識や技術の習得水準を客観的に測定する「日本農業技術検定」の活用が進んでいるようです。入試で

記事を読む

土いらず、水耕栽培が激アツい!自家製ボトルで水菜をわんさか育てる方法

「庭仕事をせずに、毎日獲れたてシャキシャキの水菜を食卓に招き入れる」そんな一見、手品みたいなお話が

記事を読む

農業はついにここまできた!都市型農業の代表格infarm(インファーム)がすごい 

みなさんが野菜を購入する上で求めることって何でしょうか?新鮮なものを、なるべく早く?美味しいものを

記事を読む

農業を始めたい人必見!スマート農業が農業の衰退に歯止めをかける?

日本の農業は今、人手不足などの深刻な問題に直面しており、そしてそれは日本の未来に暗い影を落としてい

記事を読む

身近なものを再利用して、アレンジプランターに挑戦!

リサイクル素材でおしゃれに楽しむガーデニング ガーデニングをはじめてみたいけど

記事を読む

楽に田植えをするためにハローで代かきをする

最近、暖かい日が続いていますがそろそろお米作りの準備を始めている方もいるのではないでしょうか?

記事を読む

生ゴミを堆肥化させるコンポストの作り方と使い方

生ごみを堆肥化させるコンポストの作り方と使い方|メリット・デメリットも必見

“生ごみ”を“生きた資源”と捉える見方は、循環型社会の形成において核を成すものです。 そこに

記事を読む

今だから始めたい家庭菜園…冬至かぼちゃを栽培してみよう!

なかなか収束が見通せないコロナ禍…外出自粛の影響で、家庭で過ごす時間が長くなっている人も多いかと思

記事を読む