農業メディア TSUCHIKAU (ツチカウ)2021年6月「水耕栽培」特集

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部です。

梅雨真っ只中の日本列島。

ジメジメとした嫌なシーズンの到来ですが、雨が降らなければ田畑も潤わず…

なんとも複雑な心境です。

さて、今回は日光がなくても大丈夫!

こんな季節でもスグに始められる「水耕栽培」についてご紹介したいと思います。

ツチカウ記事でも特に人気の「水耕栽培」。

過去の水耕栽培記事一覧はこちら

気軽に始められる! 水耕栽培のススメ

今なおコロナの収束も見えず、窮屈な日々が続きますが、そんな時だからこそ充実させたいおうち時間。育てる楽しみや収穫の喜びに加え、グリーンのインテリアとしても映える水耕栽培は、土を使って栽培する土耕栽培に比べて簡単で早く育ち、初心者の方にもオススメです。

苗(または種)と液体肥料を購入すれば、あとはペットボトルなど容器と水があればOK。

初期費用が比較的安くすむのも嬉しいポイントです。

安心・安全な無農薬野菜も期待

さて、水耕栽培の魅力といえば手軽に始められることにありますが、その他にも様々なメリットがあげられます。

  • 畑や庭など土地がなくても大丈夫

  • キッチンや洗面所など室内で始められる 

  • 土を使わないため汚れる心配がなく雑草とも無縁

  • 天候に左右されない

  • 害虫がつきにくく無農薬野菜が期待できる etc 

梅雨が終わると猛暑の夏を迎え、さらにはゲリラ豪雨や台風など、近年、日本の空模様はなにかと不安定です。そんな中、やはり“天候に左右されず”栽培ができるというのは、かなり大きい利点かもしれません。

LED電球で育つ野菜もあるそうで、日当たりにこだわる必要もありません。

知れば知るほどお手軽な水耕栽培。思いたったらすぐに始められますね。

身近にグリーンのある生活を

レタスやルッコラ、小松菜など葉物野菜から、青しそやパセリ、バジルなどハーブ系まで、

水耕栽培では様々な植物を育てることができます。

もちろん、種や苗を購入して始めるのもいいですが、より簡単に手っ取り早くスタートしたい方は、根がついたままの豆苗やブロッコリースプラウトを購入してチャレンジしてみてはいかがですか?

料理する際、根元から茎を少し残してカットしたものを水に浸しておけば、また芽が伸びて再度収穫も可能に。

一度で何度でもオイシイ、お手軽な水耕栽培です。

また、バジルなどのハーブをちょっとおしゃれな瓶で栽培してみるのもオススメです。

鮮やかなグリーンが室内に彩りを添え、爽やかな印象に。

収穫の喜びとはまた違った楽しみになりそうですね。

身近に植物のある生活は、それだけでなんだか豊かになったような気分になりませんか?

みなさんも、毎日の暮らしに癒しのグリーンを取り入れ、おうち時間を満喫してみてください。

 
 

shio

投稿者:shio

関連記事

「農家向け婚活アプリ」が颯爽と登場!

農家さんの婚活事情をご存じでしょうか? 農家さんは都市部から離れた地域に住んでいる場合が多く

記事を読む

豊かさをデザインする!?パーマカルチャーから考える農業とライフスタイル

みなさん、いまのご自身の生活を振り返って、「ロスしてるな...」と思うことはありませんか。つ

記事を読む

台風19号被害、北信濃の農業復興へ 飯綱でプロジェクト始動 /長野

江原宏晃さん(左)の花卉農園のブランディング_20191206の相談に応じる山岸直輝さん=長野県飯

記事を読む

畜産業界は儲からない?AIとIoTで畜産を儲かるビジネスへ変革!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 儲からないと言われている畜産業界。

記事を読む

「ラクマ ファーマーズマーケット」とは?農業女子から農産物が届く!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 みなさんは、「ラクマ ファーマーズマーケッ

記事を読む

就農するためにまず何から手を付ければよいか

通勤ラッシュや人間関係の悩みから解放され、自然に囲まれた農家のシンプルな暮らしに憧れる方が年々増え

記事を読む

これからは機械で刈る。トラクタで楽に手早く刈れる草刈り機3選

草刈り作業は、作物の品質管理を図る上で非常に重要とされながら、 作業者にとっては大きな負担に

記事を読む

身近なものを再利用して、アレンジプランターに挑戦!

リサイクル素材でおしゃれに楽しむガーデニング ガーデニングをはじめてみたいけど

記事を読む

夏の刺激を倍増させる唐辛子栽培

【辛味が夏にぴったりの唐辛子!】 刺激が強いイメージの唐辛子ですが、食欲増進や疲労回復効果が

記事を読む

認定新規就農者になればメリットだらけ!?

前回、新規就農のためのいろはの記事の中で認定新規就農制度について少し触れさせていただきました。今回

記事を読む