来たるべき秋冬シーズンに向けて備えておきたいこと[ハーブ収穫・後編]

公開日: : 最終更新日:2021/10/28 ニュース・新着情報, 農業のヒント, 育て方シリーズ

ハーブ栽培もそろそろ一年の終わりを迎え、冬に向かって対策を始めるころとなりました。晩秋から初冬にかけて寒さ対策をして、大事にしているハーブを、春にまた見ることができるよう、今から準備することをおすすめします。

今回は霜や雪の対策だけでなく、宿根性ハーブなど来春へ向けた養生の仕方もあわせてご紹介していきます。

秋の終わりのハーブ仕事

様々なハーブを春、夏、秋、とそのつどお茶や料理に利用する一方で、来たるべき秋冬シーズンに向けて行っておきたいこと[ハーブ収穫・前編]ではそれぞれの収穫適期にあわせての保存方法を説明してきました。後半では冬に向けての準備についてふれたいと思います。

冬になっても青々としたままで葉が枯れることなく、休眠状態を保つハーブは多くあるのですが、地上部が完全に枯れてなくなり春になると芽を出し、また成長を始める種類もたくさんあります。そこで気を付けたいのは、地上部が枯れたからといって引っこ抜いてしまわないことです。

元々は野草なので、生育環境さえ合えば何年でも繰り返し生えてくるため、枯れた部分を取り除く程度にして根を傷つけないようにします。

ハーブはギリシャ神話に出てくるほど古くから、我々人類の身近にあった植物で、おそらく暮らしのなかで自然に存在していた草だったのではないかと思います。

日本では雑草と言われる『オオバコ』や『スギナ』等もハーブに含まれるほど。抜いても抜いても生えてきて困ることもありますよね。ただし、ハーブの好まない環境で栽培していると、いつの間にか失せてしまい何度栽植しても根付いてくれないこともあります。

露地栽培ハーブの冬対策とは?

収穫を兼ねて剪定していたハーブですが、今度は積雪などで折れてしまわないように根元から5~10㎝程度を残して刈ってしまいます。剪定した葉などは、根元にマルチングをするように、そのまま敷いておくのもよいです。ただし、ミント系は残った枝の部分から発根する場合があるので、完全に枯れていない状態のままで敷くのは避けたほうが無難です。

葉もので、冬前に枯れてなくなったようにみえるハーブの『チャイブ』など、土の表面だけではどこに植えてあるのか分からなくなってしまうものもあるため、目印にネームプレートなどを設置しておくと、間違って掘ってしまうといったアクシデントも避けられます。

プランター栽培の冬越しは?

プランター栽培のハーブは、室内に入れるか明るければ玄関に置いておくのもよいでしょう。小さめの鉢植えなどの場合は、リビングなどの陽当たりがよい部屋に置くのも観葉植物を思わせオシャレです。

いずれにしても、暖房が直接当たらない所に置きます。
外で栽培されていたハーブにとって極端な環境の変化は枯れてしまう原因の一つとなります。また、室内に入れたハーブの水やりは、土が完全に乾いてからあたえるようにします。目安は週に1度程度でよいでしょう。

厳冬期の霜や雪対策として行っておくこと!

ローリエのような屋外に植えられた樹木には、添え木をあてて支え、板など使い雪囲いをすると雪害で折れてしまうことを避けられます。上の写真は、板を使ってローリエを囲っているところです。
手前の箱の中はローズマリーです。

また、積雪がなくても霜により根元が浮き上り、根が凍ってしまうことがあります。

そうなる前に、冷たい風にさらされないよう枯れ葉や刈り取ったハーブなどで根元を早めに覆っておくと霜への対策となります。豪雪地帯は、人はもちろんですが、ハーブにとっても厳しいものです。

まとめ

今回は、来たるべき冬に向けての準備についてご紹介しましたが、私の地域は豪雪で知られる東北なので、メインとなる作業は雪対策という話になりました。しかし、東京などでも積雪が見られることもあるため『備えあれば患いなし』ということでぜひ参考にしてください。

春の芽生えから収穫の夏、秋となり忙しさもひと段落。今度は冬に向けての作業の多さに、ちょっと大変かなと思うこともありますが、翌年もまたハーブを利用、楽しむためにしっかりと準備をしておきたいものですね。

 
 

ikoke kamihira

投稿者:ikoke-kamihira

関連記事

日本全国に農機具屋さんがいくつあるのか数えてみた

農家や農業法人が農業を営むのに必要不可欠なのが「農機具」です。農機具は簡単なものならホームセンター

記事を読む

就農するためにまず何から手を付ければよいか

通勤ラッシュや人間関係の悩みから解放され、自然に囲まれた農家のシンプルな暮らしに憧れる方が年々増え

記事を読む

日焼け、サイズ、汚れ… 農業女子目線で作業着5種開発 神栄

共同開発した作業着を身に着ける兵庫県内の女性農業者ら=神戸市中央区海岸通、近畿農政局兵庫県拠点

記事を読む

猫の額?庭のすみで野菜作りをしてみた! 収穫の歓びとこれからの課題

小さな野菜畑に欲張って、トウモロコシ2株・ジャガイモ(種芋6個)・青しそ2株・パセリ1株・イ

記事を読む

アグリイノベーション大学校

アグリイノベーション大学校とは?農業を始めたい人必見のオンライン特別体験会を開催!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 「農業を始めたい!」 「農業のことを

記事を読む

3つの農業協同組合とともに開発・運営する農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」を全国で提供開始

株式会社AGRI SMILE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中道 貴也、以下AGRI

記事を読む

台風19号被害、北信濃の農業復興へ 飯綱でプロジェクト始動 /長野

江原宏晃さん(左)の花卉農園のブランディング_20191206の相談に応じる山岸直輝さん=長野県飯

記事を読む

新型コロナでお困りの農家必見!ネットで農産物を販売するには?

緊急事態宣言は解除されましたが、第二波、第三波がいつ来るかわからない状況であり、依然として新型コロ

記事を読む

「レモンの島」大崎上島で県立広島大学の学生と高校生がレモン収穫・農家のオリジナルレシピ調理・試食体験

県立広島大学(広島市南区宇品東1-1-71,中村健一理事長兼学長)人間文化学部健康科学科の学生たち

記事を読む

農協(JA)に納める?農産物を販売して高い利益を得る3つの方法とは

農家が出荷用の農産物を出荷する先として多く利用されている農協(JA)。出荷先という機能に限らず、農

記事を読む