ほうれん草カレーでフードロス解消!?〜廃棄野菜の活用〜

公開日: : ニュース・新着情報

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。

カレーに入っている野菜と言えば何を思い浮かべますか?

オーソドックスなカレーに入っている野菜と言えば「じゃがいも」「にんじん」「たまねぎ」ですかね。

「なす」や「かぼちゃ」も意外とカレーによく合います。

今回紹介するカレーは、なんと「ほうれん草」がメインのカレーです!

ほうれん草がメインの「野辺山ほうれん草カレーペースト」

ほうれん草がメインのカレー。その名も「野辺山ほうれん草カレーペースト」は、ほうれん草生産量トップクラスを誇る株式会社アグレス(所在地:長野県南佐久郡、代表取締役社長:土屋梓、以下 アグレス)が開発したカレーペーストです。

「野辺山ほうれん草カレーペースト」は、1瓶250mlにつき200gのほうれん草が使用されているそうです。濃密ですね…!

色も緑色です。どんな味がするのか、興味をそそられます…。

野辺山ほうれん草カレーペーストの開発理由

一体なぜ、野辺山ほうれん草カレーペーストは開発されたのでしょうか。

その理由は、2つあります。

1つ目の理由は、フードロスを減らす、とくに廃棄野菜を減らすためです。

アグレス社では、1日に2トンのほうれん草を出荷するそうです。その際なんと1トンもの廃棄が生じているとのこと。これは大きなロスです。

しかし、廃棄野菜の多くは葉が少し折れた程度のため、おいしく食べられます。

2つ目の理由は、葉物野菜は廃棄が多く、再利用も進んでいないからです。

葉物野菜は扱いが難しい野菜です。ほうれん草は出荷時の重量が基準となるため、水で洗うのはかさ増しとなるのでできません。そして、ほうれん草に水分が付いていると、非常に痛みやすくなってしまいます。そのため、少し汚れているだけで、そのほうれん草は廃棄となります。

“日本最濃”ほうれん草を日本で最も多く使った特濃カレー「野辺山ほうれん草カレーペースト」を開発、先行販売も開始|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000065265.html

ほうれん草は非常にデリケートな野菜なんですね。

上記のような、ほうれん草の廃棄問題を解決する目的も有り「野辺山ほうれん草カレーペースト」は開発されました。

「野辺山ほうれん草カレーペースト」 のこだわり

ほうれん草が贅沢に使用されている「野辺山ほうれん草カレーペースト」は、どのようなこだわりが詰まっているのでしょうか。

「野辺山ほうれん草カレーペースト」のこだわりは以下の3つです。

1.ひと瓶250mlに、ほうれん草200g使用
2.水をいっさい加えず、野菜の水分だけで調理
3.野菜のほかは調味料・香辛料のみを使用

“日本最濃”ほうれん草を日本で最も多く使った特濃カレー「野辺山ほうれん草カレーペースト」を開発、先行販売も開始|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000065265.html

3つのこだわりを見ると、野菜が濃縮されたカレーであることがよく分かりますね。

「ほうれん草カレーペースト」を購入するには?

「ほうれん草カレーペースト」はクラウドファンディングサイト上で先行販売されています。

売上は、廃棄野菜を活用した新たな商品の開発投資に活用されるそうです。

みなさんもこの機会に、「ほうれん草カレーペースト」を食べながらフードロスについて考えてみてはいかがでしょうか。

「ほうれん草カレーペースト」の購入はこちらから

 
 

t.wakabayashi

投稿者:t.wakabayashi

ノウキナビ営業の若林です。 ノウキナビでは、インターネットを活用した農機具の新しい流通をつくることで、世界の農業を一歩先へ進めることを目指しています。

関連記事

乳牛の放牧を「ドローン」と「AI」が助ける!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 突然ですが、牧場の風景を思い浮かべてみてく

記事を読む

農業メディア「ツチカウ」が公式LINEアカウントを開設

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する農業情報メディア「

記事を読む

太陽光発電で有機農業の運営を支援「有機農業支援型ソーラーシェアリング事業」とは?

電気の生産者がわかる「顔の見える電力™」など今までにない電力サービスの開発に取り組んでいるみんな電

記事を読む

「スマート農業」語り合う 茅野でサロン

茅野市文化芸術推進事業「ちのを編む―みんなのサロン」(同事業実行委員会主催)が14日、同市のJR茅

記事を読む

水耕栽培とプランター栽培をマンションで実際にやってみましたレポ[VOL.2]

人生初となる青しその水耕栽培と、東向きで強風に煽られるという、決して好条件ではないマンションのベラ

記事を読む

【フードロス削減に貢献】直売所で余ってしまった農産物を都心の駅で販売する「TABETEレスキュー直売所」が運用開始

フードシェアリングサービスを展開する株式会社コークッキング(「TABETE(タベテ)」運営元)、東

記事を読む

認定新規就農者になればメリットだらけ!?

前回、新規就農のためのいろはの記事の中で認定新規就農制度について少し触れさせていただきました。今回

記事を読む

肥育牛の起立困難事故をIT技術で解決!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。 肥育後期において牛が横になった状態から起き

記事を読む

農業の知識だけで農業はできない!? 新規就農者が農地を手に入れるためのヒント

私は、都市部から過疎地へ移住して、その地域ブランドや地場産品の開発・販売・PRなど、地域の活

記事を読む

唐沢農機×商船三井×KiliMOL、アフリカケニアへ「田植えの機械化」を輸出

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役社長:唐澤 健之)は、株式会社商船

記事を読む