【農家さん必見】バインダーの結束不良をなくす方法

公開日: : 最終更新日:2017/11/22 事務局の日常, 農家様向け記事, ノウキナビWeb通信

こんにちは、ノウキナビ事務局(唐沢農機サービス)代表の唐澤です。
本日のノウキナビWeb通信はこちらのお話。

バインダー紐の結束不良について

以前当ブログにてご紹介させていただいた、バインダーの結束不良についての記事を、更に掘り下げた内容になります。

▼以前投稿された結束不良についての記事はこちら!
バインダーの結束不良とその対処法について

バインダーの紐って純正とそうでないものと何が違うの?

なんてことをよく聞かれますが、物が全然違います。

1.金額
ホームセンターなどで販売しているバインダー紐は、純正に比べると半額に近い値段のものもあります。
2.強度
バインダーの紐は麻を数本編んで1本の紐を形成しているのですが、純正で無いものは1本を編むために使用する麻の本数が少ないのです。
3.太さが均一ではない
1本の紐に太い部分と細い部分混在してるものが多いです。

このように、大きく3つ程度の違いがあります。
3つの特徴をご覧になって、どう結束不良になるの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、3番目の「太さが均一ではない」という点に着目してお話しましょう。

なぜ、太さが均一でないと結束不良になってしまうのか?

下記の写真は、バインダーの紐ブレーキ部分です。

板と板を挟み込んで、一定の力で紐に抵抗をかけます。

紐が太い
→紐ブレーキの抵抗が大きくなる
紐が細い
→紐ブレーキの抵抗が小さくなる

上記のような仕組みになっています。

この部分で抵抗をかけることにより、紐に適力のテンションがかかります。
このテンションが重要なのです!

一定のテンションが、うまく結束をさせる大きな役割を持っています。
ホームセンターなどで販売されている格安商品は、紐の太さが均一ではないため、紐ブレーキ部分で一定のテンションが確保できず、結束不良になってしまうのです。

今回はここまで!

結束不良で何度も何度も紐通しを行うぐらいであれば、純正のバインダー紐を使用しましょう。
今の時代、インターネットでも純正のバインダー紐を購入できますのでぜひ使用してみてください(並行輸入品ですが問題ありません)。

アマゾンで購入してみる


ためになった!と感じていただけたら、ぜひ会員登録をお願いいたします!

販売店さま向け無料資料ダウンロードはこちら

ノウキナビはこちら

 
 

Takeyuki Karasawa

投稿者:Takeyuki Karasawa

ノウキナビ代表の唐澤です。 「社長」という役職がどうしても好きになれない僕です。 できれば、「社長」という役割分担にしていただきたい。

関連記事

ナイロンカッターってどんなもの?  (刈払機編その2)

お世話になっておりまーす。 カレンダーを見ると、いつの間にか今年も半分終わっている現実がありま

記事を読む

農業機械が欲しいときに中古農機にすべき?それとも新品のがいいの?

お世話になっております。ノウキナビ事務局隣の農機具屋です。 春本番、農業機械も動き出し毎日忙し

記事を読む

【農機販売店必見】新品トラクターを定価で売る方法。

こんにちは、ノウキナビ事務局(唐沢農機サービス)代表の唐澤です。 今回のノウキナビWeb通信の

記事を読む

ノウキナビ営業日誌 vol.12

毎度お世話になっております。 毎日毎日、暑い日が続きますね~。 これほど暑いと早く冬が来てほし

記事を読む

【重要】らくらくホームページをプロのデザイナーに『無料で』作ってもらえる!?【号外】

こんにちは、ノウキナビ事務局(唐沢農機サービス)代表の唐澤です。 ノウキナビ通信(号外)です!

記事を読む

中古農機を購入する時に失敗しない方法!! 購入先編

お世話になっております。 いよいよ寒さもひと段落し、温かい日が多くなってまいりました。

記事を読む

季節や気温に影響される作業の代表、塗料のシンナーとFRP

農機具を塗装をする際は、気温と湿度にあったシンナーをチョイスし、その日に合った具合に調合比率を変えま

記事を読む

【農機具販売店必見】新品機・中古農機・修理費用で売上を2倍にする方法(農機具屋バージョン) – その2

こんにちは、ノウキナビ事務局(唐沢農機サービス)代表の唐澤です。 今回のノウキナビWeb通信はこち

記事を読む

【農機具販売店必見】第三回ノウキナビ交流会のご報告

こんにちは、ノウキナビ事務局(唐沢農機サービス)代表の唐澤です。 本日のノウキナビWeb通信はこち

記事を読む

ノウキナビ営業日誌 vol.31 農機具は農機具屋さんから⁉

毎度お世話になっております。 今年は寒暖の差が激しく日中は春を通り越して初夏を思わせるような陽

記事を読む

PAGE TOP ↑