ノウキナビでの農機具買取査定の流れを解説!

公開日: : 農機を高く売りたい方へ, 買取方法

農家のみなさま、お家に眠ったままの農機具はありませんか?一度は「農機を売ってみようかな…」と考えたこともあることでしょう。しかし、「買取ってしたことないからよく分からないし不安…」と諦めてしまったこともあったかもしれません。

それでも、農機具を買い替えるためには資金が必要ですし、できれば買取ってもらいたいところでしょう。いざ買取ってもらいたいとなれば、「どんな準備をすれば良いのか」「買取ってどんなステップでやるの?」という思いが出てくると思います。

そこで今回は、ノウキナビでの農機具買取査定の流れについて解説したいと思います。

ノウキナビでの農機具買取査定の流れを解説!

手順1.見積もり依頼

手順1は、見積もり依頼です。ノウキナビ農機具買取査定ページの「農機のカンタン見積査定はこちらから」から最短30秒で見積もり依頼が可能です。

売却したい農機具の「※機種」や「※メーカー」と、お客様のご連絡先(電話またはメールアドレス)を入力し、送信してください。3営業日以内に、入力いただいた電話またはメールアドレスにご連絡します。(対応する販売店との兼ね合いで、少々お時間をいただく場合がありますがご了承ください。)

また、ご不明な点がある場合や、査定の前に相談したいという場合は、ご相談窓口から問い合わせることができます。

※対応機種一覧

トラクター、コンバイン、スピードスプレーヤ、除雪機、田植機、耕運機、管理機、草刈機、刈払機、高圧洗浄機、フォークリフト、コンプレッサー、ユンボ、発電機、チェーンソー、精米機、ポンプ、芝刈機、運搬車、チッパー、ランマー、ミニユンボ、籾摺り機、脱穀機、ゴルフカート、油圧ショベル、発動機、噴霧機、種まき機、播種機、散布機、芋掘り機、ロールベーラ、締固め用機械…など

ノウキナビでの農機具買取査定の流れを解説!

※対応メーカー一覧

クボタ、ヤンマー、共立(やまびこ)、スチール、イセキ、オーレック、丸山製作所、山本製作所、新ダイワ、三菱マヒンドラ農機…など

無料査定フォームはこちら

手順2. 1次査定

手順2は、1次査定です。まずは、農機具の状態をヒアリングします。その後、「買取予定金額◯万円〜◯万円」という形で、金額の範囲をお伝えします。

手順3. 2次査定

手順3は、2次査定です。まずは、ノウキナビ事務局から査定見積もりのご連絡をします。その後、農機具の状態をより詳細に確認するため、ご質問やお写真の提供をお願いしています。

写真を確認した後、2次査定を「買取予定金額◯万円」という形でご提示します。なお、写真の提供は正確な査定をするために必ず必要ですので、ご協力よろしくお願いします。

手順4. 引取日の調整

手順4は、引取日の調整です。2次査定の金額に納得いただけたら、引取日の日程調整をします。

手順5. 引取立ち会い

手順5は、引取立ち会いです。農機が置かれている場所に、担当者が直接伺います。そこで現物確認をさせていただき、査定時の内容と比較して問題がなければ、その場で引き上げを行います。

手順6. お支払い

手順6は、お支払いです。ご確認の上、申告内容と相違点がなければ、2次査定の金額翌営業日にお振り込み致します。

ノウキナビの農機具買取査定Q&A

ここからは、よくお問い合わせいただく質問について回答します。

Q.買取査定後のキャンセルは可能?

査定内容をご確認いただいた後、買取査定同意書という書面をいただきますので、その後のキャンセルはご遠慮いただいています。ご了承ください。

Q.動かない農機でも、取りに来てもらえますか?

もちろん可能です。近年、「倉庫やガレージにしまっている動かない農機なんですが…」というお問い合わせが増えています。買取実績もありますので、まずはお問い合わせください。

Q.モデル、購入年、アワーメーターの情報だけでどうして査定ができるんですか?

農機具に精通したスタッフが在籍し、中古農機の流通データベースを保有しているからです。ですので、モデルや購入年、アワーメーターなどの情報さえあれば、おおよその買取査定が可能なのです。

Q.買取金額について交渉することはできますか?

もちろん可能です。ご納得するまで交渉していただいて構いません。

関連記事:農機の買取についてのよくあるご質問をまとめました。

Q.もっと高く買い取ってもらう方法は?

少しでも高く買い取ってもらいたいという方にはノウキナビの「委託販売」をおすすめします。これは、ノウキナビ上に農家の皆さまが販売したい商品を出品できるサービスです。お電話またはお問合せフォームから受付ており、出品の際に費用は一切かかりません。

委託販売のメリット1.より高く販売できる手段である

実は、委託販売が一番高く販売できる手段です。農機具買取サービスを運営している業者は、買取金額と再販金額の差で利益を得ているため、農家から買取する金額はどうしても低くなってしまいます。

しかし、ノウキナビの委託販売は、農家が直接市場へ再販できる仕組みになっているため、中間マージンが差し引かれることなく高く販売できるのです。

委託販売のメリット2.年間400万人の農機を買いたい人に知ってもらうことができる

ノウキナビは農機具に特化した売買プラットフォームで、農機を買いたい方が年間400万人以上来店しています。農機を買いたい人に多くアプローチできるのはノウキナビ委託販売のメリットです。

委託販売のメリット3.購入希望者とのやりとりはノウキナビが代行するから手間がかからない

直接出品すると聞くと、買い手とのやりとりが煩雑になる、と心配な方もいるでしょう。しかし、ノウキナビの委託販売なら、あなたの代わりにノウキナビコミュニケーションセンターが買い手とのやりとりをします。

出品作業や売買の一連の流れ、販売になった際の運送の手配、万が一のトラブルまで私たちがすべてエスコートします。

委託販売についてはこちら↓↓↓

【朗報】農機具を高く売る・出品するなら『委託販売』がおすすめ!

まとめ

今回は、ノウキナビでの農機具買取査定の流れについて解説してきました。様々なサイトを調べて査定依頼をする手間と時間を省けるので、忙しいお客様にもおすすめです。今回ご紹介した手順を踏むことで、問題なく買取してもらえます。まずは、お問合せフォームやフリーダイヤルまでご連絡ください。家に使っていない農機具がある方は、ぜひ買取準備を始めてみましょう。

↓↓↓

ノウキナビの農機無料買取査定はこちらから

 
 

農機具買取査定ブログ

投稿者:農機具買取査定ブログ

関連記事

農機具屋が教える「コンバインの売り方のコツ」

農機具屋が教える「コンバインの売り方のコツ」 農機具共通の査定基準がベースだが、コ

記事を読む

不要になった農機具はどうしたらいいの?4つの方法をご紹介

農機具は農家にとって大切な機械ですが、古くなったり新しい最新機能のついたものに買い替えたり

記事を読む

三菱トラクターMT200・クボタトラクターKL34Rの買取事例のご紹介

皆さまこんにちは!ノウキナビコミュニケーションセンターの都竹です。今回のブログではここ最近のノウキ

記事を読む

その農機もしかしたら売れるかも!!

こんにちは、ノウキナビ事務局です。今回は、個人の農家さん向けにノウキナビを使ったお得な情報を教えち

記事を読む

クボタ トラクター 買取

買取可能なクボタ トラクターのリスト大公開、査定のポイントも説明します!

買取可能なクボタ トラクターのリスト大公開、査定のポイントも説明します! クボタにつ

記事を読む

トラクターの買取価格はどれくらい?ノウキナビの買取事例まとめ

トラクターの買取価格はどれくらい?ノウキナビの買取事例まとめ

トラクターは農家さんにとって大切な農機具です。使わなくなったトラクターは場所を取ってしまい、保管す

記事を読む

古くなったトラクターを処分・引き取り方法を農機具屋が解説

古くなったトラクターを処分・引き取り方法を農機具屋が解説!

専業・兼業に関わらず、農業をする人にとってトラクターはなくてはならないものです。そんなトラ

記事を読む

壊れている農機も買取いたします

トラクターなどの農機具を売るときに修理したほうが良いか?

こんにちは。ノウキナビ事務局の神林です。 ノウキナビでは農機具の査定・売却ができるノウキナビ

記事を読む

古い農機具を買取してもらうまでの手順

古い農機具を買取してもらうまでの手順

農家のみなさま、倉庫に眠ったままの農機具はありませんか?専業・兼業に関わらず、農業をする人

記事を読む

農機具売却初心者の方へ

【農機具を初めて売る方へ】売る時のポイントを徹底解説

【農機具を初めて売る方へ】売る時のポイントを徹底解説 農機具を初めて売る方は、売り方がわから

記事を読む