肥育牛の起立困難事故をIT技術で解決!

公開日: : ニュース・新着情報

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。

肥育後期において牛が横になった状態から起き上がれなくなり、その状態が続くことで肺が圧迫され窒息死してしまう起立困難事故。

大切に育ててきた牛が事故で死んでしまったら悲しいですよね…。

経済的にも大打撃になってしまいます。(一頭あたりの損害額はおよそ100万円です)

ちなみに、起立困難事故による潜在的損失額は年間推定46億円と言われています。

今まで、起立困難事故を防ぐためには定期的な見回りが必要でした。

しかし、夜間の牛舎巡回は肉体的にも精神的にも負担が大きいですよね…。

実は、そんな起立困難事故をIT技術で解決する方法が生み出されました!

人工知能を活用した肥育牛向け起立困難検知機能の試験提供開始!

酪農・畜産向けIoTソリューションを提供する株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役 下村瑛史 以下、ファームノート)は、人工知能を活用した牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」の新機能として、肥育牛向け起立困難検知機能の試験提供開始しています!

「Farmnote Color」とは、

「Internet of Animals(※4)」を実現する牛向けウェアラブルデバイス。牛の首に装着したデバイスがリアルタイムに牛の活動情報を収集。人工知能を活用して反芻・活動・休憩データから発情や疾病兆候を検知し、酪農・畜産生産者の生産性向上に貢献する製品です。

ファームノート、肥育生産者に向けたFarmnote Colorの新機能を試験提供開始|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

人間のみならず、牛にもウェアラブルデバイスが普及する時代もすぐそこまで来ているようですね。ちなみに、牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」の見た目はこんな感じです。

牛向けウェアラブルデバイスのFarmnote Color
Farmnote Color:画像出典|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

なかなかスマートな見た目ですね。かっこいいです。

起立困難事故を減らす検知機能

「Farmnote Color」は牛の起立困難をどのように検知するのでしょうか。

まず、牛に「Farmnote Color」を装着します。

「Farmnote Color」を装着した牛
「Farmnote Color」を装着した牛:画像出典|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

「Farmnote Color」を装着した牛、かっこいいですね。

装着された「Farmnote Color」が牛の行動データを収集します。そのデータから人工知能が牛の起立困難状態の判定・検知を行います。

そして、牛が起立困難状態に陥ると、生産者様のスマートフォンやタブレットにプッシュ通知でお知らせしてくれるのです。

画像出典:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

すごいですね…!

「ファームノート」では2020年9月9日(水)から利用希望の生産者を募集しています。

導入を希望する畜産農家の方、ぜひ問い合わせてみたらいかがでしょうか。

株式会社ファームノート カスタマーサポート
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)
MAIL:cs@farmnote.jp

牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」をさらに詳しく知りたい方はこちらから

 
 

t.wakabayashi

投稿者:t.wakabayashi

ノウキナビ営業の若林です。 ノウキナビでは、インターネットを活用した農機具の新しい流通をつくることで、世界の農業を一歩先へ進めることを目指しています。

関連記事

クラウドファンディングによる農業プロジェクトの成功率を調べてみた

インターネットを通じて個人ができるプロジェクト支援の仕組みとして、クラウドファンディングが脚光を浴

記事を読む

若手農家、イチゴに着目 都市型農業の可能性探る

麻生区内の若手農業従事者2人がイチゴを使った観光農園を目指し、新規でビニールハウスを建設。来春のオ

記事を読む

『NEXT Local Gastronomy』 ローカルガストロノミーを体験する3日間 ~発酵文化の最先端の街・湯沢で食の未来を考える~

日本各地の大学生が主体となり「食の未来」を考えるイベントが開催されます。料理・食文化・農業・テクノ

記事を読む

人手不足が深刻化する一次産業と、休業により働き口がなくなっている観光業の人材をマッチングするサービスをリリース

以前の記事で「新型コロナの影響による農業の人手不足に農林水産省が補助、就農支援」という紹介をいたし

記事を読む

これから農業を始めようとする方必見!?コンパクト農ライフ塾第2期の募集を開始

新型コロナウィルスの影響がこの先まだどれくらい続くのか先が見えない昨今、リモートワークの普及によっ

記事を読む

来たるべき秋冬シーズンに向けて備えておきたいこと[ハーブ収穫・後編]

ハーブ栽培もそろそろ一年の終わりを迎え、冬に向かって対策を始めるころとなりました。晩秋から初

記事を読む

環境問題解決に向けて一歩踏み出そう「木のストロー」普及活動が再スタート!

ストローをプラスティック製から紙のものにするのか、しないのか。昨年の飲食業界で話題になり、メディア

記事を読む

【好きな時間・場所で】草刈機に特化したオンライン展示会に参加してみよう!

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の恩田です。 新型コロナウイルスの影響により、未だに企業

記事を読む

休まず畑耕します 無人ロボットトラクター耕運実験 北海道・更別

北海道更別村と研究者、関係企業で組織する「更別村スマート農業イノベーション協議会」が、無人のロボッ

記事を読む

台風19号被害、北信濃の農業復興へ 飯綱でプロジェクト始動 /長野

江原宏晃さん(左)の花卉農園のブランディング_20191206の相談に応じる山岸直輝さん=長野県飯

記事を読む